ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > ふるさと納税 > ふるさと納税とは

ふるさと納税とは

五所川原市産リンゴ

自分が生まれ育ったまち。

お世話になった思い出が詰まったまち。

心から発展を祈りたいまち。

ふるさと納税は、そんな心惹かれるまちを応援するため、自分の選んだ都道府県や市町村に寄附を行う制度のことです。

 

ふるさと納税制度のあらまし

確定申告について

ワンストップ特例制度について

 

ふるさと納税制度のあらまし

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に対する寄附制度です。

自治体に対する一般的な寄附と異なり、ふるさと納税では、自己負担額の2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除されます。

 

なお、控除される額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限がありますので、ご確認ください。

 

総務省ホームページふるさと納税ポータルサイト「税金の控除について」このリンクは別ウィンドウで開きます

 

確定申告について

寄附金控除を受けるためには、原則として、寄附をした翌年の3月15日までに、住所地等の所轄の税務署へ確定申告を行っていただく必要があります。

確定申告を行う際には、寄附の受領証明書や振込用紙の払込控(受領書)が必要です。
 

 

ワンストップ特例制度について

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」とは、確定申告の不要な給与所得者等が、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる制度です。

ただし、ふるさと納税先の自治体数が5団体以内である場合に限られます。

 

【注意点】

  1. ふるさと納税をしたすべての自治体に、ワンストップ特例申請書を提出する必要があります。
  2. ひとつの自治体へ複数回寄附した場合は、寄附回数分のワンストップ特例申請書を提出をする必要があります。

 

 

【重要】ワンストップ特例申請書へのマイナンバーの記入について

平成28年1月1日から、ワンストップ特例制度を利用される場合、申請用紙に個人番号(マイナンバー)の記入が必要になりました。

それに伴い、なりすましの防止などのため、マイナンバー確認の書類本人確認の書類を、申請書と一緒に送っていただくことになりました。

送っていただく書類は、次の表の1または2のとおりです。

  番号確認の書類   本人確認の書類
個人番号カード(裏面) 個人番号カード(表面)

次のうちどちらか1点

  • 通知カード
  • 個人番号が記載された住民票の写し

次のうちいずれか1点

  • 運転免許証
  • 旅券(パスポート)
  • 運転経歴証明書
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

【注意点】

写真、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーしてください。

 

個人番号カード総合サイト「通知カードについて」このリンクは別ウィンドウで開きます

個人番号カード総合サイト「個人番号カードについて」このリンクは別ウィンドウで開きます

 

関連リンク

申込手続きと納付方法

ふるさと納税の使い道

お礼の品のご案内

これまでの実績

 

総務省ホームページふるさと納税ポータルサイトこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

問い合わせ先

担当 総務課総務係

電話 0173-35-2111

内線 2111、2114

ファクス 0173-35-3617

メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ

ホームへ戻る