ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施事業

高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施事業

健康な状態から要介護に至るまでの間、加齢に伴う虚弱な状態を表す「フレイル」が顕著に進行します。「フレイル対策」で元気に活動できる期間「健康寿命」を延ばすことで、元気に自分の好きなことを楽しむ方が増え、地域活動が活発になること目指しています。

「フレイル」とは

年齢を重ね、体や心の働き、社会的なつながりが弱くなった状態を指します。つまり、全体的な「虚弱」の様子を表します。「歳だから」とそのままにしておくと、「要介護状態」になる可能性があります。

特に「食べる・話す」の基本となる口腔機能の衰えを「オーラルフレイル」と言います。

 

高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施事業について

市民一人ひとりの健康づくりによって、自分の健康管理に主体的に取り組む人が増えるよう、身近な地域で介護予防と疾病の予防と重症化予防の取組みを一体的に提供できる事業を実施します。

これまでは「医療保険制度」による疾病予防と重症化予防のための保健事業、「介護保険制度」による介護予防事業と、それぞれの制度によって役割を分けていましたが、後期高齢者医療被保険者の方を主な対象としてフレイル対策を視野に介護予防と保健事業を連動させた高齢者への支援を行います。

現在実施している事業は次のとおりです。

高齢者への個別的支援(ハイリスクアプローチ)

地域訪問活動

健康状態確認活動

しばらく健診を受けていない、病院受診していない、介護サービス未利用の方へ、地域の家庭訪問を通じて体調確認のため声掛け活動をしています。

通いの場などへの積極的な関与(ポピュレーションアプローチ)

フレイル予防出前講座

「しっかり噛んで」食べていますか?お口のケアから始めるフレイル予防の講座です。

令和4年度 フレイル予防出前講座(案内・申込書)PDFファイル(267KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

講座の内容は3種類あります。希望の講座をお申込みいただけます。

口腔機能低下予防(オーラルフレイル予防)、フレイル予防
内容

(1)歯科医師による「お口の健康」に関する講演

歯周病と生活習慣病はとても深い繋がりがあります。元気と若さを保つために必要なこと、お口の健康が大事な理由がわかります。

(2)保健師による「フレイル」に関する教室

フレイル(虚弱)についての知識を深めましょう。フレイルを知れば予防もできます。

(3)保健師などによる口腔機能チェック!(オーラルフレイルセルフチェック)の実践

自分でできる口腔機能セルフチェックを実践。簡単な8つの質問に答えて、今の自分の状態を確認しましょう。

申込み

次の申込書をご記入のうえ、下記までご提出ください。

申込書PDFファイル(88KB)このリンクは別ウィンドウで開きます    申込書ワードファイル(14KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

提出先

①市役所へご持参いただく場合

五所川原市役所 国保年金課後期高齢者医療窓口(14番)

②ご郵送の場合

〒037-8686 五所川原市字布屋町41番地1 国保年金課後期高齢者医療係 行

③FAXでのお申込みの場合

FAX 0173-35-2130 へ記入済み申込書(1枚)を送信ください。

 

五所川原市の後期高齢者の健康の様子

「高血圧」「心臓病」「腎臓病」「筋・骨格疾患」「歯周病」に黄色信号

・後期高齢者医療被保険者のうち、91%の方が生活習慣病のある方です。

・外来医療費では、糖尿病と不整脈(心臓病)が多く、自己管理と継続した定期受診が大切です。

・骨粗しょう症や骨折といった「筋骨格疾患」で受療している方の割合が、全国平均に比べ高い状況でした。

・健診の結果、血管を傷つける要素である「血圧・尿酸値」の有所見割合が高く腎機能低下の要因となります。

・生活習慣病では歯周病管理が重要ですが、歯科受診の割合が全国や県平均に比べ低い状況です。

・生活習慣病の重なりが生じると、自己管理が難しく重症化のリスクが高まります。

・骨折や骨粗しょう症による活動制限によってフレイル(虚弱)リスクが高まります。

・市の介護保険要介護認定者のうち「心臓病」「筋・骨格疾患」の有病者割合が高いことが分かりました。

できることから始めましょう

健康診査(無料で年に1回受診できます)(後期高齢者医療被保険者の方)

生活習慣病の管理が必要な方はもちろん、これまで健診を受けたことが無い方も受診してみましょう。

健康診査の受診についてはこちらからご確認ください。このリンクは別ウィンドウで開きます

歯科健診(無料で年に1回受診できます)(後期高齢者医療被保険者の方)

食べることは、健康維持の基本です。何年も歯科受診していない方、歯のことが気になっているけどしばらく受診していない方、まずは歯科健診を受診しましょう。

歯科健診の受診についてはこちらからご確認ください。このリンクは別ウィンドウで開きます

 

問合せ先

五所川原市 国保年金課 後期高齢者医療係

電話0173-35-2111 内線2347

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る