五所川原圏域空き家バンク

空き家バンク物件情報

空き家バンクに登録されている空き家物件を紹介します。

詳細は次のリンクをご確認ください。

空き家物件一覧

 

登録物件数
市町名 登録物件 成約済物件
五所川原市 12 7
つがる市 2 1
鰺ヶ沢町 0 0
深浦町 3 2
鶴田町 1 1
中泊町 0 0
18 11

空き家情報トピックス

【R1.7.19】

空き家バンク物件(登録No.18)を追加しました。

【R1.7.19】

空き家バンク物件(登録No.17)を追加しました。

【R1.5.8】

空き家バンク物件(登録No.16)を追加しました。

【H31.3.14】

空き家バンク物件(登録No.15)を追加しました。

【H31.1.9】

空き家バンク物件(登録No.14)を追加しました。

【H30.12.28】

空き家バンク物件(登録No.13)を追加しました。

【H30.12.19】

空き家バンク物件(登録No.12)を追加しました。

【H30.11.26】

空き家バンク物件(登録No.11)を追加しました。

【H30.9.14】

空き家バンク物件(登録No.10)を追加しました。

【H30.7.24】

空き家バンク物件(登録No.9)を追加しました。

【H30.7.12】

空き家バンク物件(登録No.8)を追加しました。

【H30.7.6】

空き家バンク物件(登録No.7)を追加しました。

【H30.7.3】

空き家バンク物件(登録No.6)を追加しました。

【H30.6.1】

空き家バンク物件(登録No.5)を追加しました。

【H30.3.19】

空き家バンク物件を追加しました。

【H29.8.30】

空き家バンク物件を追加しました。

【H29.7.24】

空き家バンク物件を追加しました。

空き家バンクについて

 

五所川原圏域空き家バンクとは、空き家を「売りたい、貸したい(空き家登録者)」方の物件を、居住するために空き家を「買いたい、借りたい(利用希望者など)」方に紹介するための仕組です。

五所川原圏域定住自立圏における空き家の有効活用を図り、圏域への移住定住促進や空き家の流動化を図ることを目的としています。

五所川原圏域空き家バンクの対象区域

対象区域は、五所川原圏域定住自立圏を構成する五所川原市このリンクは別ウィンドウで開きますつがる市このリンクは別ウィンドウで開きます鰺ヶ沢町このリンクは別ウィンドウで開きます深浦町このリンクは別ウィンドウで開きます鶴田町このリンクは別ウィンドウで開きます中泊町このリンクは別ウィンドウで開きますです。

 

五所川原圏域空き家バンクリーフレットPDFファイル(374KB)
五所川原圏域空き家バンク実施要綱PDFファイル(177KB)

 

各種手続について

空き家バンクを利用するには、各種手続が必要となります。

詳細は次のリンクをご確認ください。

売りたい・貸したい人向け(空き家登録者)
買いたい・借りたい人向け(利用希望者)
宅地建物取引事業者向け(協力事業者)

(空き家バンクイメージ)

 

空き家に隣接する農地の権利移転の要件緩和について

平成30年4月1日より、五所川原市農業委員会では「五所川原圏域空き家バンク登録物件に付随した農地」を、空き家とともに売買する場合に限り、農地法第3条による下限面積を1㎡まで引き下げました。

これまで、農地を取得する際は、下限面積(5,000㎡)以上耕作している必要がありましたが、要件が緩和されたことにより、市内外からの新規就農希望者の移住・定住の促進、小規模な農地で農業をしたい移住者のニーズに対応します。

空き家に隣接する農地の権利移転の要件緩和リーフレットPDFファイル(333KB)
手続きの流れ

 

「全国版空き家・空き地バンク」サイトについて

国土交通省では、全国の各自治体の空き家バンク情報を全国どこからでも簡単にアクセス・検索できるよう、「全国版空き家・空き地バンク」サイトを構築し、平成30年4月から本格運用が開始されました。
五所川原市でも「全国版空き家・空き地バンク」に参加していますので、全国の移住希望者のみなさんに対し、空き家情報をより提供しやすくなりました。

「全国版空き家・空き地バンク」サイトの運用は、民間の2事業者が行っていますので、ご確認ください。

アットホーム株式会社
株式会社LIFULL
国土交通省

ページの先頭へ

ホームへ戻る