ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 市からのお知らせ > 健康・福祉のお知らせ > ダニ媒介感染症に気を付けましょう

ダニ媒介感染症に気を付けましょう

ダニ媒介感染症とは、病原体を保有するダニに咬まれることで起こる感染症です。

 

北海道で令和2年1月にマダニと推定される虫による「エゾウイルス感染症」が報告され、新たな感染症として厚生労働省で注意を呼びかけています。

 

主なダニ媒介感染症は、下記をご覧ください。

ダニ媒介感染症(厚生労働省ホームーページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

ダニに咬まれないためのポイント

キャンプ、ハイキング、農作業など、山や草むらで活動する際に下記を気をつけてください。

 

  • 肌の露出を少なくする(帽子や手袋を着用し、首にタオルを巻くなど)
  • 長そで・長ズボン・登山用スパッツ等を着用する(シャツのすそはズボンの中に、ズボンのすそは靴下や長靴の中に入れる)
  • 足を完全におおう靴を履く(サンダル等はさける)
  • 明るい色の服を着る(マダニが付着した際に目視で確認しやすくするため)
  • 屋外活動後は入浴し、マダニに咬まれていないか確認する(特に、わきの下・足の付け根・手首・膝の裏・胸の下・髪の毛の中などの頭部に注意する)

 

ダニに咬まれた場合

  • 無理に引き抜こうとせず、医療機関(皮膚科)などで処置(マダニの除去、洗浄など)をしてもらいましょう。
  • マダニに咬まれた後、数時間程度は体調の変化に注意し、発熱等の症状が見られた場合は医療機関で診察を受けてください。

【受診時に医師に伝えること】

  1. 野外活動の日付
  2. 場所
  3. 発症前の行動

 

リンク先

国立感染症研究所ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 健康推進課健康推進係

電話 0173-35-2111

内線2381

内線2379

内線2374

内線2377

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る