ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > 各種相談 > 消費生活緊急・注意情報(冬物ブランド衣料品の偽物を格安で販売する通販サイトにご注意)

消費生活緊急・注意情報(冬物ブランド衣料品の偽物を格安で販売する通販サイトにご注意)

消費生活緊急・注意情報

少しでもおかしいな、あやしいなと思ったら下記へ電話をしてください

○五所川原市消費生活センター TEL 0173-33-1626

○青森県消費生活センター TEL 017-722-3343

○消費者ホットライン TEL(局番なし)188

 

注意喚起情報

★国民生活センター(独立行政法人国民生活センターのホームページへ)

★消費者庁(消費者庁のホームページへ)

冬物ブランド衣料品の偽物を格安で販売する「CGJP 株式会社」に関する注意喚起(2019年2月26日)

平成 29 年 10 月以降、インターネットの通販サイトで冬物のブランド衣料品を注文したところ、「偽物が届いた」といった相談が各地の消費生活センターや国民生活センター越境消費者センター等に数多く寄せられています。

消費者庁が調査を行ったところ、「CGJP 株式会社」との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)を確認したため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけております。

参考:冬物ブランド衣料品の偽物を格安で販売する「CGJP 株式会社」に関する注意喚起(消費者庁のページへ)

「在宅スマホ副業で7日で 20 万円稼げる人続出中!」などとうたい多額の金銭を支払わせる事業者に注意(2019年2月15日)

平成 30 年7月以降、「在宅スマホ副業で7日で 20 万円稼げる人続出中!」などとして、スマートフォンを用いた在宅での副業で短期に高額の収入が得られるとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

消費者庁が調査を行ったところ、「株式会社トップ」との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示)を確認したため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけております。 

参考:「在宅スマホ副業で7日で 20 万円稼げる人続出中!」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起(消費者庁のページへ)

「誰でもたった1分で1万円の現金をラクラクGET!」などとうたい多額の金銭を支払わせる事業者に注意(2018年11月15日)

平成29 年11 月以降、「誰でもたった1分で1万円の現金をらくらくGET!」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。
消費者庁が調査を行ったところ、「一般社団法人日本統計機構」との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び不実告知)を確認したため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけております。

参考:「誰でもたった1分で1万円の現金をラクラクGET!」などとうたい多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起(消費者庁のページへ)

「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたう業者に要注意!(2018年10月17日)

平成 30 年4月以降、「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。
消費者庁が調査を行ったところ、「株式会社 Quest」との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為(虚偽・誇大な広告・表示及び断定的判断の提供)を確認したため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけております。
参考:「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起(消費者庁のページへ)

アマゾンジャパン合同会社等をかたる架空請求に注意(2018年7月5日)

消費者の携帯電話に「有料動画の未納料金があります。本日中にご連絡無き場合は、法的手続きに移行致します。アマゾン●●」、「会員登録料が未払いです。本日ご連絡無き場合、少額訴訟の手続きに移行致します。アマゾン●●」などと記載したSMS(ショートメッセージサービス)を送信するとともに、SMSに記載された電話番号に連絡してきた消費者に対し、「支払わないと訴訟になります。」、「今日中に支払えば、後から返金されます。」などと告げ、執ように有料動画等の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に寄せられています。

消費者庁が調査したところ、アマゾンジャパン合同会社又はその関係会社をかたる事業者との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為を確認したため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を消費者庁が公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけております。

参考:SMSを用いて有料動画等の未納料金の名目で金銭を支払わせようとする「アマゾンジャパン合同会社等をかたる架空請求」に関する注意喚起(消費者庁のページへ)

コピペするだけで簡単に稼げます、という業者に要注意!(2018年4月27日)

平成29 年7月以降、「15 分のコピペ作業で最低月収50 万円!」(注1)、「月収50 万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます!」などとうたう事業者に関する相談が全国各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。
消費者庁及および東京都が合同で調査を行ったところ、「株式会社イメージ」との取引において、消費者の利益を不当に害するおそれのある行為を確認したため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を消費者庁が公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけております。

(注1)コピペ・・・コピーアンドペーストの略称。コンピュータ等を利用し、他の文章や画像から一部分の写しを取り、別の場所に貼り付けること。

参考:「月収 50 万円なんてコピペするだけで簡単に稼げます」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起(消費者庁のページへ)

法務省の名称等を不正に使用した架空請求による被害が発生しています(2018年4月27日)

■事例

法務省関連団体を名乗るものから「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と題し、裁判取り下げの相談に乗ると書かれたはがきが送付された。はがきに書かれている電話番号に連絡すると、弁護士紹介費用と称し金銭を要求された。確認したところ、差出人に記載されている団体と法務省は一切関係がなかった。

■アドバイス

はがきを相手にせず、記載されている電話番号等には絶対に連絡しないでください。それでも不安に感じるときは、五所川原市消費生活センターに相談しましょう。

参考:法務省の名称等を不正に使用した架空請求により被害が発生しています(法務省のページへ)

 


過去の消費生活緊急・注意情報はこちらから

問い合わせ先

担当 五所川原市消費生活センター

電話 0173-33-1626

ページの先頭へ

ホームへ戻る