ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > くらし > ごみに関するご案内

ごみに関するご案内

家庭ごみの収集

 ごみは必ず収集日の朝8時までに集積所に出してください。指定ごみ袋には必ず町名・氏名(世帯主の名前をフルネーム)を記入してください。一回の収集で集積所に出せる袋の数は4袋まででお願いします。

 ごみの収集日は、家庭ごみの収集カレンダーをご覧ください。ごみの分別は、家庭ごみ分別表に従い行ってください。家庭ごみの収集カレンダーは、3月号の広報と一緒に配布していますが、届かない場合は、環境対策課、金木総合支所、市浦総合支所に備え付けている他、当ホームページでも閲覧できますので、ご利用ください。

 

家庭ごみ分別表(平成28年度~)はこちらへ files/gomi_bunbetsu28.pdfPDFファイル(3116KB)

 

新指定ごみ袋について(平成28年度~)

 新指定ごみ袋は、「燃やせるごみ袋」「燃やせないごみ袋」「リサイクル袋」の3種類で、袋の大きさは大、小のサイズの2種類です。また、お手元に残っている旧指定ごみ袋も使用できます。一部の生活用品販売店やコンビニなどでは、旧指定ごみ袋の在庫が残っているために店頭に並んでいない店舗もありますが、在庫がなくなり次第、店頭に並ぶ予定ですのでご了承ください。詳しくは、販売店や小売店にお問い合わせください。

 

新しい指定袋の使用方法 files/shin_shiteibukuro.pdfPDFファイル(152KB)

事業活動に伴って生じるごみ

 事業活動に伴って生じるごみについて、市は収集しません。自らの責任において適正に処理してください。

 なお、処理方法について、事業系一般廃棄物の可燃ごみは、西部クリーンセンターで処理することができます。事業系一般廃棄物の不燃ごみ、事業者等から排出される産業廃棄物(がれき類、ガラスくず、コンクリートくず、陶磁器くず、廃プラスチック類、ゴムくず等)の処理については、排出者が産業廃棄物処理施設に直接搬入、もしくは許可業者と契約し処理することとしています。

家電リサイクル法

 家電リサイクル法対象品目を廃棄する場合は、その製品を買った小売店か、新しい製品を買った小売店に引き取ってもらいます。消費者から小売店に、『リサイクル料金』と『収集運搬料金』を支払い引き取ってもらうことになります。『リサイクル料金』は、平成27年4月1日から新料金が適用され、メーカーや対象品目のサイズにより料金が異なります。『収集運搬料金』は、小売店や指定業者が独自に決めています。また、ご自分で指定引取所へ持ち込むことも可能ですが、その際は郵便局で『リサイクル券』を購入することになります。

 

家電リサイクル法対象廃棄物(家電4品目)一覧 files/kaden_recycle_list.pdfPDFファイル(1192KB)

 

家電リサイクル料金表(平成29年4月版) files/kaden_recycle_H29.4.pdfPDFファイル(105KB) 

 

詳しくは販売店または、財団法人家電製品協会家電リサイクルセンターまでお問い合わせください。

(TEL 0120-31-9640)

 

リンク:家電リサイクル券センターホームページ

http://www.rkc.aeha.or.jp/

問い合わせ先

担当 環境対策課廃棄物対策係

電話 0173-35-2111

内線2344

内線2345

内線2346

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る