ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 乳幼児・児童の定期予防接種

乳幼児・児童の定期予防接種

掲載内容

予防接種について
定期予防接種時は母子健康手帳を必ず持参しましょう
市で行っている予防接種
注意点

 

予防接種について

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、生後12か月までにほとんど失われていきます。
そのため、赤ちゃん自身で免疫をつくり、病気を予防する必要があり、その助けとなるのが予防接種です。
お子さんの健康を守るため、正しく理解し、かかりつけ医と相談した上で予防接種を受けましょう。

 

定期予防接種時は母子健康手帳を必ず持参しましょう

定期予防接種は法律によって対象年齢、接種期間、接種回数、接種間隔などが定められています。

母子健康手帳には予防接種の接種歴を記録した大切なページがあります。
医療機関では、同一ワクチンの接種回数の間違いや接種間隔の誤りなどから起こる健康被害を防ぐため、母子健康手帳で予防接種歴を確認しています。
予防接種事故を防ぎ、お子様の健康を守るため、予防接種を受けるときは必ず母子健康手帳を持参しましょう。
また、対象年齢を過ぎたり、接種回数の間違いなどで受けた予防接種は定期予防接種にはなりません。任意予防接種となり、全額自己負担になりますのでご注意ください。

 

市で行っている予防接種

市では、予防接種法に基づき定期予防接種を実施しています。

 

  • 接種料金
市民で対象年齢に該当する方は無料
  • 接種場所
五所川原市予防接種実施医療機関
  • 実施期間
平成29年4月1日~平成30年3月31日
  • 医療機関に持参するもの
母子健康手帳、予防接種予診票

 

 ※ 予防接種予診票は出生届の際にお渡しします。また、転入された方で予防接種がお済でない方は、予診票をお渡ししますので、母子健康手帳をお持ちの上、健康推進課までお越しください。

 

平成29年度定期予防接種一覧

B型肝炎
対象年齢 接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔

1歳に至るまで

生後2~9か月に至るまでの期間 3回 2回目 1回目接種から27日以上の間隔をおいて接種
3回目 1回目接種から139日以上あけて3回目を接種(20週間後の同じ曜日から接種可能)

<備考>

  • HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与の一部または全部を受けた場合は対象外となる。
Hib感染症(1回目の接種開始月齢により接種回数が異なる)
対象年齢 接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔

生後2か月~5歳に至るまで


初回
生後2~7か月に至るまでに接種開始 3回 1歳になるまでに27日以上の間隔で3回接種
生後7か月~1歳に至るまでに接種開始 2回 1歳になるまでに27日以上の間隔で2回接種
追加 初回終了後7か月以上の間隔(標準的には7~13カ月)おく 1回  

<備考>

  • 1~5歳未満で初回接種を開始した場合は1回のみ接種
  • 1歳を過ぎたら初回は行わず、最後の接種から27日以上あけて追加を接種
小児の肺炎球菌感染症(1回目の接種開始月齢により接種回数が異なる)

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔

生後2か月~5歳に至るまで

初回 生後2~7か月に至るまでに接種開始 3回

2歳になるまでに27日以上の間隔で3回接種

初回2回目の接種が1歳以降の場合、3回目は接種しない

生後7か月~1歳に至るまでに接種開始 2回 2歳になるまでに27日以上の間隔で2回接種
1~2歳に至るまでに接種開始 1回  
追加

初回終了後60日以上の間隔をおいて、1歳に至った日以降に1回接種

(標準的には1歳~1歳3か月)

1回  

<備考>

  • 2~5歳未満で初回接種を開始した場合は1回のみ接種
  • 2歳を過ぎたら初回は行わず、最後の接種から60日以上あけて追加を接種
四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔
生後3か月~7歳6か月に至るまで 初回 生後3か月~1歳に達するまで 3回 20日以上の間隔で3回接種
追加 1期初回終了後、6カ月以上(標準的には1年~1年半)の間隔をおく 1回  

 <備考>

  • 三種混合ワクチンの製造中止に伴い、三種混合ワクチンの残回数のある人は四種混合ワクチンで行う。
不活化ポリオ

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔
生後3か月~7歳6か月に至るまで 初回 生後3か月~1歳に達するまで 3回 20日以上の間隔で3回接種
追加 1期初回終了後、6カ月以上(標準的には1年~1年半)の間隔をおく 1回  
BCG(結核)

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数
1歳に至るまで 生後5~8か月に達するまで 1回
麻しん・風しん二種混合

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数
1~2歳に至るまで 1期 1歳になったらなるべく早めに接種 1回
小学校就学前の1年間の小児 2期 5歳以上7歳未満のいわゆる幼稚園等の年長児 1回
水痘

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔
1~3歳に至るまで 1歳~1歳3か月に至るまでに接種開始 2回 3カ月以上(標準的には6か月から12か月)の間隔で2回
日本脳炎

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔
生後6か月~7歳6か月に至るまで 1期初回 3~4歳に達するまで 2回 6日以上の間隔で2回接種
1期追加 4~5歳に達するまで 1回 1期初回終了後6カ月以上の間隔をおいて接種
9歳以上13歳未満 2期 9~10歳に達するまで 1回  

<備考>

  • 平成17年度から平成21年度にかけての接種の積極的勧奨の差し控えにより、日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃した人で、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれで20歳未満の人は、不足回数分の接種を受けることができます。また、平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれで、7歳6か月までに1期が終わらなかった人は、2期(9歳以上13歳未満)に不足回数分を接種することができます。
二種混合(ジフテリア・破傷風)

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数
11歳以上13歳未満 小学6年生 1回
 ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)

対象年齢

接種に望ましい接種期間 回数 接種間隔
小学6年生~高校1年生に相当する年齢の女子 中学1年生 3回

2価ワクチン

(サーバリックス)

初回接種から1カ月後に2回目、6カ月後に3回目

4価ワクチン

(ガーダシル)

初回接種から2カ月後に2回目、6カ月後に3回目
  • ワクチンの種類で接種間隔が違う。(同一のワクチンを3回接種する)
  • ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種は、現在、国の通知により接種を積極的にお勧めしておりません。有効性とリスクを理解した上で接種してください。

 

年齢の考え方
「○歳未満」「△歳から□歳に至るまで・達するまで」とは「○歳の誕生日の前日まで」「△歳の誕生日の前日から□歳の誕生日の前日まで」のことをさします。

 

五所川原市予防接種実施医療機関(平成29年度/50音順)

医療機関名 電話
市外局番
0173
B型肝炎 Hib 肺炎球菌 四種混合 不活化ポリオ BCG 麻しん風しん 水痘 日本脳炎 二種混合 ヒトパピローマ
安斎レディスクリニック 33-1103                    

駅前クリニック 38-5100  

江渡内科医院 34-3000

 

 

かなぎ病院 53-3111

かねひらクリニック 35-3167

健生五所川原診療所 35-2542

こどもクリニックおとも 39-2151

佐藤内科小児科医院 35-4155  

 

市浦医科診療所 62-2009    

 

 

 

 

瀨川内科クリニック 33-0202    

 

 
田町小山クリニック 34-3431          

 

 

 
つがる総合病院 35-3111

 

 

てらだクリニック 33-1200

冨田胃腸科内科医院 34-3211    

 

 

 

   

 
とやもり内科小児科クリニック 52-3331

 

平成29年度五所川原市予防接種のお知らせについてPDFファイル(516KB)

各医療機関の予防接種受付時間や休診日が確認できます。

 

注意点

  1. 予約が必要な医療機関もありますので、必ず事前に電話などで確認してください。
  2. 予防接種には原則として保護者(父、母、養育者)の同伴が必要です。やむを得ず保護者が同伴できない場合は、お子さんの日頃の様子をよく知っている身内の方に同伴を委任することができます。その際には、予診票の同伴者記入欄(様式にない場合は、用紙の空白部分)に当日同伴する方の続柄と氏名を記入してください。
  3. 定期予防接種は、原則として住民登録している市町村で受けることとなり、住所地外で接種すると有料となりますが、里帰り出産や接種要注意者(基礎疾患を有する方など)でかかりつけ医が住所地外にいるなどの理由で市が認めた場合、無料で接種できる制度もありますので、健康推進課(電話0173-35-2111)にご相談ください。
  4. 重篤な病気にかかっていたことなど特別の事情により定期接種の機会(対象年齢)を逃した方は、健康推進課にお問い合わせください。

問い合わせ先

担当 健康推進課健康推進係

電話 0173-35-2111

内線2362

内線2363

内線2364

内線2365

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る