ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 禁煙をサポートします

禁煙をサポートします

保健師の禁煙サポート

禁煙をしたいけど、きっかけがない、サポートがほしいという方は、保健師の禁煙サポートを試してみませんか。

お金をかけずにやめたい、だけど一人ではちょっと自信がないという方におすすめです。


約3か月間、保健師が面接(2回程度)と電話(3回程度)により禁煙をサポートします。

面接時に、吐く息に含まれる一酸化炭素の濃度と、おしっこに溶けているニコチンの濃度を測定します。
費用は無料です。

申し込みは、随時受付けております。健康推進課へご連絡ください。

 

保険適用による禁煙治療

次の条件をすべて満たす方は、保険適用で禁煙治療が受けられます。

 

□現在タバコを吸っていて、今すぐ禁煙を始めたいと思っている。
□ニコチン依存症のスクリーニングテスト(下表)で5点以上である。
□禁煙治療を受けることに文書で同意する。
□35歳以上の場合、(1日平均喫煙本数)×(今までの喫煙年数)=200以上である。

 

県内の禁煙治療実施医療機関は、青森県ホームページ禁煙治療医療機関紹介ページこのリンクは別ウィンドウで開きますでご確認ください。

 
●ニコチン依存症のスクリーニングテスト

設問内容

はい

1点

いいえ

0点

問1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか。    
問2  禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。    
問3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、たばこがほしくてたまらなくなることがありましたか。    
問4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加
   
問5 問4の症状を消すために、またたばこを吸い始めることがありましたか。    
問6 重い病気にかかったときに、たばこはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。    
問7 たばこのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
問8 たばこのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
問9 自分はたばこに依存していると感じることがありましたか。    
問10 たばこが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。    
合計  

(注) 禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

 

たばこによる健康への影響

健康への影響

たばこを吸うことによる健康影響には、煙が直接触れる口、のど、肺以外にも多くのものがあります。

喫煙が関係するがんは、肺がん、白血病、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、消化管がん(食道、胃、大腸)、すい臓がん、腎臓がん、膀胱がん、子宮頚がん、肝臓がん、卵巣がんなどがあります。そのほか、動脈硬化、冠状動脈疾患、脳卒中、腹部大動脈瘤のリスクが高まり、せき、痰、息切れなどの呼吸器症状、喘息の悪化、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺機能の発達障害、糖尿病発症、糖尿病患者の脳梗塞や心筋梗塞・糖尿病性腎症などの合併症のリスクが高まります。

なお、低タール・低ニコチンたばこには、明らかな健康へのメリットは認められていません。

禁煙ポスター

 

喫煙の妊娠出産などへの影響

女性の喫煙は、不妊、早期破水、前置胎盤、胎盤異常、流産や早産、胎児の成長が制限されたり低出生体重の原因となります。また出生後に、乳児突然死症候群を引き起こす可能性が指摘されています。

 

喫煙によるその他の健康影響

喫煙によって、病気による休業、手術の際の創傷部位の治癒の遅れや術後の呼吸器合併症の増加、骨粗しょう症や大腿部頚部骨折の増加、消化性潰瘍、歯周病、白内障や失明の原因となる加齢性黄斑変性を引き起こすもとにもなります。

 

受動喫煙(他人の喫煙の影響) 

喫煙者が吸っている煙だけではなく、たばこから立ち昇る煙や喫煙者が吐き出す煙にも、ニコチンやタールなど多くの有害物質が含まれています。本人は喫煙しなくても、周囲のたばこの煙を吸うことを受動喫煙と言います。

国立がん研究センターによると、受動喫煙による年間死亡数は約1万5千人(肺がん、虚血性心疾患、脳卒中、乳幼児突然死症候群など)と推計されており、健康への影響は深刻です。

また、男女ともに不妊の原因となることから、少子化問題としても重要な問題です。

 

参考までに

・屋外での喫煙

子どもや同居家族のために家の外で喫煙する方がいますが、たばこの有害物質は、喫煙者の衣服、皮膚、髪の毛、吐く息に数十分残っており、受動喫煙を防ぎきれていません。

 

・空気清浄機

現在の空気清浄機の機能では、たばこのにおいや煙がなくなったように見えても、有害物質はほとんど取り除けません。

 

自分のために、家族や周りの人のために、今すぐ禁煙しましょう!

問い合わせ先

担当 健康推進課保健指導係

電話 0173-35-2111

内線2366

内線2367

内線2368

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る