ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 太宰治記念館「斜陽館」

太宰治記念館「斜陽館」

■明治の大地主、津島源右衛門(太宰治の父)の手で建設された入母屋作りのこの建物は、明治40年、米蔵に至るまで日本三大美林のヒバを使い、当時のお金で工事費約4万円をかけて造られました。
■階下11室278坪、2階8室116坪、付属建物や泉水を配した庭園など合わせて宅地約680坪の豪邸です。
■太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で「この父はひどく大きい家を建てたものだ。風情も何もないただ大きいのである」と書いています。
■この豪邸も戦後になって津島家が手放し、昭和25年から旅館「斜陽館」として旧金木町の観光名所となり、全国から多くのファンが訪れていました。
しかし、平成8年3月に旧金木町が買い取り、旅館「斜陽館」は46年の歴史に幕を降ろしました。
 

 

 

 

 


 

斜陽館間取図  ▲は写真の撮影方向です



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲1 階段踊り場より ▲2 洋間(2階) ▲3 和室(2階)
     
▲4 土間(1階) ▲5 板の間(1階) ▲6 蔵(1階)
      
展示室入口1階 展示室1階  
▲7 展示室入口(1階) ▲8 展示室(1階)  



 

■文庫蔵展示室
館内板の間を通って入る蔵(1)には、太宰が着用していたマント、羽織袴や執筆した初版本、原稿、川端康成、兄文治への書簡など約300点の資料が展示されています。中でも「走ラヌ名馬」の直筆原稿は貴重な資料です。
 

 

原稿

小説「津軽」

 
   

太宰が愛用した文机

二重廻し(マント)

 

 

 

太宰治記念館「斜陽館」・利用案内
開館時間 5月から10月  8時30分から18時(入館は17時30分まで)
11月から4月  9時から17時(入館は16時30分まで)
休館日 12月29日
入館料
 (団体割引は
 20名様以上)
◆太宰治記念館「斜陽館」入館料
一般 個人500円 団体400円
高・大学生 個人300円 団体200円
小・中学生 個人200円 団体100円
◆共通券(斜陽館+津軽三味線会館)
一般 個人900円 団体810円
高・大学生 個人500円 団体450円
小・中学生 個人300円 団体270円
交 通 津軽鉄道金木駅下車・徒歩7分
問合わせ先 太宰治記念館「斜陽館」
電話 0173-53-2020  ファクス 0173-53-2055
〒037-0202 青森県五所川原市金木町朝日山412-1


 

ページの先頭へ

ホームへ戻る