ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > ■ 太宰治文学碑

■ 太宰治文学碑

太宰治の栄誉と郷土文化への功績をたたえ、彼が子どもの頃よく遊んだ芦野公園の登仙岬、桜と松林の木立の中に建立されています。ファンや観光客が絶えず訪れ、6月19日は全国からファンが集まり、太宰を偲び文学碑に献花します。
碑文は、太宰が常に愛誦していたヴェルレーヌの詩「撰ばれてあることの恍惚と不安と2つわれにあり」がスウェーデン産の黒石に刻まれ、上部の浮き彫りはラフィナールを使用して金色の不死鳥が飛ぶ姿を描いている。(中学の同級生彫刻家阿部合成作)

 

問い合わせ先

担当 文化スポーツ課文化係

電話 0173-35-2111

内線3323

内線3324

内線3339

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る