ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > 各種相談 > 多重債務相談

多重債務相談

多重債務相談

借金のこと、ひとりで悩んでいませんか。多重債務は解決できます。まずは消費生活センターへお気軽にご相談ください。解決のための法的方法は4つあります。

任意整理

法律専門家(弁護士や司法書士)が貸金業者と交渉して、支払金額や支払期限を話し合い、和解をする方法。

主なメリット

主なデメリット

柔軟な返済計画を組むことが可能 当事者間の任意の話し合いのため、話し合いに応じない貸金業者に対抗する強制力がない。
引き直し計算により、過払い金が発生している場合は借金の減額や回収が可能 事故情報(ブラックリスト)に登録される恐れがある。

特定調停

簡易裁判所の調停により、貸金業者と返済額や返済期間を話し合いで合意を成立させる方法。

主なメリット 主なデメリット
調停委員会が仲介するため、公平な結論が期待できる。 借金をしているすべての貸金業者の合意を得る必要がある。
法律専門家に頼まずにできるので、費用が安い。

個人再生

債権者に対する分割返済計画を地方裁判所に認めてもらい、再生を図る方法。

主なメリット 主なデメリット
話し合いによる解決が難しい場合でも債務整理可能 手続きが相対的に複雑なために費用と時間がかかる。
住宅ローン特別条項により、住宅を失わずに借金を整理することも可能。

自己破産

地方裁判所に申立を行い、全財産を弁済に充て、残債務の免責を受ける方法。

主なメリット 主なデメリット
免責が許可されれば、借金から解放される。 最低限の生活資材を除き、住宅等の財産を失う。
一定の職業に就けない等の制約がある。

問い合わせ先

担当 五所川原市消費生活センター

電話 0173-33-1626

ページの先頭へ

ホームへ戻る