ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > まち > 水道について > 広域化の検討について

広域化の検討について

水道事業の広域連携

 水道事業は、全国的に人口減少等の要因により、料金収入が減少傾向にあり、また、老朽化した施設更新や耐震化の必要性も増大していることから、安全・安心なサービスを提供していくためにも、健全経営を維持しつつ、施設の維持管理や耐震化等の整備を着実に実施していくことが求められております。

 当地域においても、人口減少による料金収入の減少や、老朽化する施設および水道管の更新費用の増加は避けられない問題であり、将来負担の軽減を図りながら、施設等の更新需要に着実に対応していくことが、大きな課題となっております。

 そのため、当地域においては、青森県が設置した青森県水道事業広域連携推進会議の下部組織にあたる、西北地区会議を平成28年度から開催しており、現在、西北地区の水道事業者との広域連携施策の推進に向けた調査研究や、災害時の対応策等を検討しています。

 

青森県水道事業広域連携推進会議 西北地区会議

構成団体:五所川原市、鯵ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町、津軽広域水道企業団西北事業部(つがる市)

 

水道事業の広域連携に関する検討状況

 平成30年度までの取り組みPDFファイル(321KB)

問い合わせ先

担当 上下水道部経営管理課水道管理係

電話 0173-35-2111

ファクス 0173-35-9911

内線2711

内線2712

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る