ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > くらし > カラスによる被害について

カラスによる被害について

 市街地を中心にカラスの集団化に伴うフン害が増加しております。

 カラスに餌付けをしている方も見受けられますが、カラスの個体数を増やしフン害を深刻化させる行為ですので、絶対にしないでください。また、カラス以外の動物への餌付けについても、その動物の食べ残しがカラスの餌となったり、悪影響を及ぼす可能性があるので控えてください。

 

カラスの集団化について

 カラスは朝早く巣から出て、夕方になるまで食料を探し、それが終わると群れを成して巣に帰るという習性があります。

 カラスの集団が大きくなるのは、非繁殖時期である秋から冬にかけてと、群れ行動による早春というふたつの期間です。

 巣は松林などの、夜間でも周囲が明るく確認できる場所が選ばれます。

 カラスは、巣の安全を周囲から確認し、集団になってから巣に移動します。カラスが群れで電線等に留まっているのはこのためです。

 

カラス追い払い用LEDライト・フン掃除用ブラシを貸し出しています

 

 対象:市内在住の成人

 窓口:五所川原市市役所1階 環境対策課窓口(平日8時30分~17時00分)

 料金:無料(LEDライトの備え付けの電池が切れた場合は、各自で替えの電池を用意してください。)

 ※使用したブラシは貸出時と同じ状態にして返却してください。

 ※他の人にライトの光が当たらないよう気をつけて使用してください。

 ※数に限りがありますので、貸出個数は原則1人につき1つずつとさせていただきます。

 

   LEDライト  デッキブラシ

問い合わせ先

担当 環境対策課生活安全係

電話 0173-35-2111

内線2365

内線2366

内線2367

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る