ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > 防災 > 注意報、警報、気象情報に関する知識

注意報、警報、気象情報に関する知識

自然災害から身を守るための注意報、警報、気象情報に関する知識

自然災害から身を守るには、自らの判断が非常に重要となってきます。

そのため、自然災害に関する注意報、警報とはどんなものか、また、どんなものがあるのか、どんな内容なのかを知っておくことは有効なことです。

 

次のリンクから、気象庁ホームページ「注意報、警報等の説明」をご覧いただけますので、みなさんも今一度ご確認ください

 

 

自然災害のときのテレビ・ラジオの活用

また、自然災害から自分や家族を守るため、「テレビ・ラジオなどから正確な情報を得る」ことも重要な手段の1つとしてあげられます。

 

テレビ・ラジオなどから正確な情報を把握することは、特に水害に大きな効果を発揮します。

たとえば、洪水は大雨が続いた場合などにある程度の時間を経て発生することが多いので、テレビ・ラジオなどから伝達される注意報、警報を把握していれば、災害発生に対する初動体制が速やかに整えられることから、迅速な避難などが可能となってきます。

 

五所川原市では、災害発生の際、住民のみなさんにお伝えするべき情報については、これまでの防災無線や広報車による伝達のほか、2015年に開局した「五所川原FM(ジーラジ)」を通じてもお伝えすることとしています。

日ごろから、「災害が発生したらまずラジオ」を意識してくださるようお願いいたします。

 

※五所川原FM(ジーラジ)の周波数は、76.7メガヘルツです。

問い合わせ先

担当 総務課総務係

電話 0173-35-2111

内線2112

内線2113

内線2114

内線2115

内線2116

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る