ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 子ども医療費給付事業

子ども医療費給付事業

令和2年8月診療分より、小・中学生の通院医療費を新たに助成します。

令和2年8月診療分より、通院にかかる保険診療の医療費について、対象年齢を「未就学児まで」から「中学校卒業まで」に拡充します。これにより、通院・入院ともに出生から中学校卒業までが子ども医療費の給付対象になります。

すでに申請を受け付けておりますので、まだ申請が済んでいない方は、お忘れのないようお知らせいたします。

 

子ども医療費給付事業とは

五所川原市に住所を有し、各種健康保険に加入しているお子さんが、お医者さんにかかった場合の医療費を助成する制度です。対象となる医療費は、保険診療分です。予防接種料、健診料、文書料、薬の容器代など、保険診療外のものは対象外となります。

 

対象者・助成内容

令和2年7月診療分まで

未就学児:0歳~6歳到達以後の最初の3月31日まで

小・中学生:6歳到達以後の最初の4月1日~15歳到達以後の最初の3月31日まで

対象者 0歳~未就学児 小・中学生
対象医療費 入院・通院 入院のみ
所得制限 なし なし
申請時期 出生時・転入時 入院時
給付方法

現物給付

(資格証の提示により支払なし)

現物給付

(資格証の提示により支払なし)

資格証の更新 毎年8月(自動更新※) なし(入院するときに申請)

 

令和2年8月診療分から

対象者 0歳~中学校卒業(15歳到達以後の最初の3月31日)まで
対象医療費 入院・通院
所得制限 なし
申請時期

出生時・転入時

給付方法

現物給付

(資格証の提示により支払なし)

資格証の更新 毎年8月(自動更新※)

ただし、生活保護またはひとり親家庭等医療費を受給している方は除きます。

 

※基本的に自動更新ですが、未就学児の保護者で所得が確認できない方には別途書類の提出等をお願いすることがあります。

申請のしかた

この制度は届出をしないと給付を受けることができません。受給資格証の交付申請をしていない方は申請手続きをしてください。

受給資格証の交付 必要なもの

・お子さんの保険証
・印鑑

・保護者名義の通帳

・マイナンバーがわかるもの
・(未就学児のみ)マイナンバーによる情報連携に同意いただけない方は所得課税証明書が必要になる場合があります。

※ 所得課税証明書はお子様の誕生日や申請日によって必要となる年度が異なりますので子育て支援課手当医療係までお問い合わせください。

その他

・入院する場合は、あらかじめ限度額適用認定証(各保険者から交付されます)を取得し、医療機関に受給資格証と一緒に提示してください。
 限度額認定証がない場合は基本的に償還払いとなります。
・保険者から給付される高額療養費分金額および附加給付金分金額を除きます。
・被保険者証や住所、氏名などが変わったときは変更手続きをお願いします。

・市外へ転出する等、受給資格がなくなる場合は、受給資格証を必ず返却してください。資格喪失後に受給資格証を使用した自己負担分は、後日請求させていただきます。

学校管理下における災害時は、子ども医療費受給資格証は使用せず、いったんお支払い後、日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度へ申請していただきますようお願いします。手続きについては学校へお問い合わせください。

添付ファイル

(令和2年7月まで)子ども医療費説明書PDFファイル(331KB)

(令和2年8月以降)子ども医療費説明書PDFファイル(326KB)

問い合わせ先

担当 子育て支援課手当医療係

電話 0173-35-2111

内線2485

内線2486

内線2487

内線2488

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る