ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 感染症情報

感染症情報

 

感染症の発生状況について

 青森県感染症情報センター発行の青森県感染症発生情報(2019年第33週)によると、五所川原保健所管内において「手足口病」の患者数が14.20人、「ヘルパンギーナ」の患者数が5.00人となり警報が継続しています。

 「手足口病」は、コクサッキーウイルスA16等により、口の中や手足などに水疱性の発疹が出る感染症です。感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染です。手足口病には有効なワクチンはありません。流水と石けんで十分に手洗いすること、タオルを共有しないこと、保育施設などではおむつ交換の際に排泄物を適切に処理することが大切です。

 「ヘルパンギーナ」は、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性発しんを特徴とし、夏期に流行する小児の急性ウイルス性咽頭炎であり、いわゆる夏かぜの代表的疾患です。その大多数はエンテロウイルス属、流行性のものは特にA群コクサッキーウイルスの感染によるものとされています。感染経路は、飛沫感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)です。特別な予防法はなく、感染者との密接な接触を避けること、流行時にうがいや手指の消毒をすることなどです。正しい手洗い方法についてはこちらをご覧ください。できていますか?衛生的な手洗い(厚生労働省ホームページ 感染症の予防について)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

青森県感染症発生情報(2019年第33週)このリンクは別ウィンドウで開きます

「手足口病に注意しましょう!」(青森県ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

「ヘルパンギーナに注意しましょう!」(青森県ホームページ)このリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 健康推進課健康推進係

電話 0173-35-2111

内線2372

内線2373

内線2374

内線2375

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る