ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 地域包括支援センターに認知症初期集中支援チームができました

地域包括支援センターに認知症初期集中支援チームができました

認知症になっても、住み慣れた地域で尊厳を保ち自分らしい生活が送ることができるように、認知症の方、あるいは認知症が疑われる方と早期にかかわる、認知症初期集中支援チームが地域包括支援センターにできました。

チーム員は、認知症サポート医、保健師、社会福祉士などからなり、支援が必要な方のお宅を直接訪問し、医療機関への受診を勧めたり、生活改善に関する助言を行ったりします。

最近もの忘れが激しい、実際には無いものが見えたり、聞こえたりする、時々外出先から家に帰って来られなくなるといった、認知症が疑われる症状がご家族などにあってお困りの方は、一度地域包括支援センターにご相談ください。

 

支援の流れ

 

認知症初期集中支援事業実施要綱[PDF版PDFファイル(125KB)/Word版ワードファイル(39KB)]

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る