ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 児童手当

児童手当

 

児童手当とは

家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的として、養育しているかたに支給されます。

支給について

支給対象

五所川原市に住民登録があり、中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している父母等のうち、児童の生計を維持する程度の高いかた。

※公務員のかたは勤務先から支給されます。

 

支給要件

  • 児童が国内に居住していること(3年間までの海外留学を除く)
  • 児童が児童養護施設等に入所している場合は、施設の設置者等に支給します(里親も含む)
  • 未成年後見人や父母指定者(父母が海外にいる場合のみ)に対しても父母と同様の要件で支給します
  • 父母が離婚協議中などで別居している場合は、児童と同居しているかたに支給します(離婚協議中であることを明らかにできる書類が必要)

 

支給額(児童1人あたりの月額)

区 分 月 額
0から3歳未満 1万5,000円
3歳から小学生(第1子、第2子) 1万円
3歳から小学生(第3子以降) 1万5,000円
中学生 1万円
所得制限限度額以上のかた 5,000円

 

※第何子かの判断は、18歳到達後最初の3月31日までの児童の生年順となります。

 

所得制限限度額

扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833万3,000円
1人 660万円 875万6,000円
2人 698万円 917万8,000円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1002万1,000円
5人 812万円 1042万1,000円

 

※ 受給者の所得が所得制限限度額を上回ると、特例給付に認定され、児童の年齢に関わらず1人あたり一律月額5,000円の支給となります。

※「収入額の目安」は給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。

 

支給時期

定期支払月(6月、10月、2月)の10日(10日が土日祝日にあたる場合は、その直前の平日)にそれぞれの前月分までの手当をまとめて、指定された受給者名義の口座に振込みます。

 

支給日 対象月
6月10日 2、3、4、5月分
10月10日 6、7、8、9月分
2月10日 10、11、12、1月分

 

申請手続き

出生、転入等により新たに受給資格が生じた場合、児童手当を受給するには、「認定請求書PDFファイル(189KB)(記入例)PDFファイル(240KB)」の提出が必要です。 (公務員のかたは、勤務先に請求してください)
手当は、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給されます。申請が遅れると遅れた月分の手当を受けられなくなりますので、申請はお早めにお願いします。
なお、出生・転入又は災害などやむを得ない理由により認定請求ができなかった場合には、出生日・転入日又はそのやむを得ない理由がやんだ後15日以内に認定請求すれば、出生・転入等の日の属する翌月分から支給されます。

申請に必要なもの
請求者名義の預金通帳 キャッシュカードでも可
請求者の健康保険証 請求者が厚生年金・各種共済年金に加入している場合のみ必要
印鑑 スタンプ印は不可
請求者・配偶者の個人番号(マイナンバー)が確認できるもの

●請求者本人が手続きをする場合

1.請求者・配偶者の個人番号が確認できるもの

(通知カード、個人番号カードなど)

2.請求者の本人確認ができるもの

(運転免許証、個人番号カードなど)

 

●代理人が手続きをする場合

1.請求者・配偶者の個人番号が確認できるもの

(通知カード、個人番号カードなど)

2.代理人の本人確認ができるもの

(運転免許証、個人番号カードなど)

3.代理権の確認できるもの

・法定代理人(戸籍謄本)

・任意代理人(委任状PDFファイル(78KB)(記入例)PDFファイル(117KB)

請求者・配偶者の所得証明書(児童手当用)

申請する年の1月1日時点で住民登録地が五所川原市外の場合のみ必要

・支給開始月が1月から5月までの申請の場合

前年度分の所得証明書(前前年の所得)

・支給開始月が6月から12月までの申請の場合

当該年度分の所得証明書(前年の所得)

 

※1月1日時点の住民登録地の市区町村から取得してください。証明書は「所得金額・控除額・扶養人数」が記載されているものが必要です。

※配偶者が請求者の税法上の控除対象配偶者となっている場合は、所得証明書は不要です。

児童の属する世帯全員の住民票(本籍・筆頭者の記載されたもの)

児童と別居の場合のみ必要

※児童の住民登録地の市区町村から取得してください

別居監護申立書PDFファイル(83KB)(記入例)PDFファイル(209KB)の提出も合わせて必要です

児童の個人番号(マイナンバー)が確認できるもの

児童と別居の場合のみ必要

児童の個人番号が確認できるもの

(通知カード、個人番号カードなど)

 

現況届

児童手当を受給しているかたは、毎年6月に現況届を提出する必要があります。現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、児童手当を引き続き受ける要件を満たしているかどうか確認するためのものです。
提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

 

※現況届用紙は毎年6月上旬に受給者に郵送します。

※現況届の審査の結果、前年の所得が現在の受給者よりも配偶者のほうが高く、配偶者が児童の生計を維持する程度が高いと判断される場合は、受給者変更の手続きが必要となる場合がありますので、ご了承ください。

 

そのほか届出が必要なとき

・出生などで養育する児童が増えたとき

・離婚などで養育する児童が減ったとき

額改定認定請求書・額改定届PDFファイル(115KB)(記入例)PDFファイル(224KB)

・五所川原市から他の市区町村に転出するとき

・離婚などで児童が手当の対象外となったとき

・受給者が公務員になったとき

受給事由消滅届PDFファイル(92KB)(記入例)PDFファイル(202KB)
・受給者や児童の氏名または住所が変わったとき 氏名・住所変更届PDFファイル(139KB)(記入例)PDFファイル(229KB)
・振込口座を変更したいとき 支払希望金融機関変更届PDFファイル(83KB)(記入例)PDFファイル(190KB)
・受給者、配偶者または五所川原市外に居住している児童の個人番号(マイナンバー)が変更になったとき 個人番号変更等申出書PDFファイル(74KB)(記入例)PDFファイル(120KB)

 

※上記のほかにも届出が必要な場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

Q&A

 
1 15日以内の申請とは、土日祝日も含めますか

含めて数えます。

ただし、出生日、転出予定日、児童を養育し始めた日の翌日から15日目が土日祝日の場合は、その次の平日までとします。

2 申請の際、必要書類が揃っていないとできませんか

必要書類が揃っていなくても申請はできます。必要書類は準備でき次第、提出してください。

申請が遅れると支給月も遅れることになりますので、まずは申請を行ってください。

3 里帰り出産をした場合は、どこで手続きを行えばよいのですか

請求者(受給者)の住民登録している市区町村での手続きになります。

申請をご家族にお願いする等、できるだけ速やかに(出生日の翌日から15日以内に)申請してください。

申請が遅れると、遅れた月分の手当を受けられなくなりますので、ご注意ください。

4

所得証明書の替わりに源泉徴収票や確定申告の写し、市県民税等の特別徴収税額の決定通知でもよいですか

所得証明書に限ります。

全収入の所得額が記載されているものは、市区町村が発行する所得証明書のみになります。

証明書は「所得金額・控除額・扶養人数」が記載されているものが必要です。

5

3月25日に子どもが生まれ、4月9日に申請しました。この場合、何月分から支給されますか

4月分からの支給になります。

原則として、請求月の翌月分から支給されるのですが、出生した翌日から数えて15日以内なので、特例で4月分の手当から支給します。

※転入の場合も同様に、転出予定日の翌日から数えて15日以内であれば特例で請求月から支給されます。

ただし、出生日、転出予定日の翌日から15日目が土日祝日の場合は、その次の平日までとします。

6

児童手当の申請を忘れていました。遡って申請し、受給することはできますか

児童手当を遡って受給することはできません。
原則、受給は申請した翌月からとなりますので、申請はお忘れないようお願いします。
7

高校1年生、中学1年生、小学3年生の児童がいる場合の支給額はいくらですか

【児童手当の場合】

月額2万5,000円が支給されます。

 

※積算内訳

第1子  高校1年生(支給対象外ですが、第1子にあたる)

      月額  0円

第2子  中学1年生(支給対象)        

      月額 1万円

第3子  小学3年生(支給対象)         

        月額 1万5,000円

※第何子かの判断は、18歳到達後最初の3月31日までの児童の生年順となるため、支給対象ではありませんが第1子に数えます。第3子以降は3歳以上であっても、小学校卒業までは、月額1万5,000円が支給されます。

 

【特例給付の場合】

月額1万円が支給されます。

児童の年齢に関わらず、1人あたり一律月額5,000円となります。

8 児童手当の振込先を児童名義の口座にすることは可能ですか 児童の口座は指定できません。生計中心者(父母など)の名義の口座のみになります。
9

6月10日に転出する場合、現況届の提出先はどこになりますか

 

五所川原市です。

6月1日現在に住民登録している市区町村に提出することになります。

10

現況届の提出を忘れていて、提出期限が過ぎてしまいました。どうすればよいですか

大至急、現況届を郵送または窓口へ提出してください。
現況届用紙を紛失された方は、ご連絡ください。

再度、用紙をお送りします。
なお、期限後に現況届を提出されたかたは、手当の振込みが遅れる場合がございますのでご了承ください。

 

申請場所

五所川原市役所 市民課1番窓口

金木総合支所 総合窓口係

市浦総合支所 総合窓口係

 

※受付時間 月曜日から金曜日の8時30分から17時15分(祝日、12月29日から1月3日を除く)

問い合わせ先

担当 市民課市民係

電話 0173-35-2111

内線2316

内線2317

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る