ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 市の情報 > 各種計画・取組 > 五所川原圏域定住自立圏

五所川原圏域定住自立圏

定住自立圏構想は、人口減少、少子高齢化が進行する中で、自治体の枠組を越えて住民生活に必要な都市機能を持つ中心市とその近隣自治体で形成される定住自立圏において、中心市と近隣自治体が相互に連携・協力し、圏域全体の活性化を図ろうとするものです。

五所川原圏域定住自立圏は、「中心市」である当市、つがる市、鰺ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町の6市町によって構成されています。

定住自立圏

定住自立圏は、一定以上の都市機能を持つ「中心市」と生活面や経済面で中心市とかかわりが深い周辺自治体が、自らの意思で1対1の協定を締結することを積み重ねる結果として形成される圏域です。

中心市宣言

市では、12月3日の五所川原市議会 平成27年第5回定例会で定住自立圏構想「中心市宣言」を行いました。

中心市宣言書PDFファイル(363KB)

定住自立圏形成協定

平成28年3月30日(水)に定住自立圏に関する協定を締結しました。

 

五所川原圏域定住自立圏形成協定締結式

 

協定書(五所川原市・つがる市)PDFファイル(786KB)
協定書(五所川原市・鰺ヶ沢町)PDFファイル(1018KB)
協定書(五所川原市・深浦町)PDFファイル(795KB)
協定書(五所川原市・鶴田町)PDFファイル(765KB)
協定書(五所川原市・中泊町)PDFファイル(789KB)

五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン懇談会

定住自立圏形成協定に基づき推進する具体的取組に関連する分野の代表者などで構成する「五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン懇談会」を定期的に開催し、民間や地域の関係者の意見を共生ビジョンへ反映させています。

委員名簿PDFファイル(101KB)

平成28年度

第1回五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン懇談会(平成28年7月12日開催)

1.案件

(1)五所川原圏域定住自立圏について

(2)五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン(案)について

(3)今後のスケジュールについて

第2回五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン懇談会(平成28年8月10日開催)

1.案件

(1)共生ビジョン(案)について

 

平成29年度

第1回五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン懇談会(平成29年8月9日開催)

1.案件

(1)五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン掲載事業の進捗状況について

(2)五所川原圏域定住自立圏共生ビジョンの変更(案)について

2.委員意見

五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン懇談会委員からの意見一覧表PDFファイル(144KB)

 

五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン

定住自立圏の将来像や定住自立圏形成協定に基づき推進する具体的取組を定めた「五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン」を策定しました。

五所川原圏域定住自立圏共生ビジョンには、3項目の政策分野(生活機能の強化、結びつきやネットワークの強化、圏域マネジメント能力の強化)、13項目の施策(医療、教育、産業振興、地域公共交通、人材育成等)、29項目の主要事業等を定めており、計画期間は平成28年度から平成32年度までの5年間としています。

平成28年度【平成28年9月27日策定】

五所川原圏域定住自立圏共生ビジョンPDFファイル(1991KB)
五所川原圏域定住自立圏共生ビジョン事業費一覧表〈別冊〉PDFファイル(148KB)

平成29年度【平成29年9月28日変更】

五所川原圏域定住自立圏共生ビジョンPDFファイル(1509KB)

◎主な変更内容

・圏域の将来像に、中長期的な将来人口及び高齢化率の目標を設定

・政策分野ごとに基本目標を設定

・具体的事業に成果指標(KPI)を設定

 

参考

定住自立圏構想(総務省ホームページへ)このリンクは別ウィンドウで開きます
定住自立圏構想の概要(総務省ホームページより)PDFファイル(370KB)

問い合わせ先

担当 企画課企画調整係

電話 0173-35-2111

内線2152

内線2153

内線2154

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る