ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > しごと > 農林水産 > 農地中間管理事業について

農地中間管理事業について

農地中間管理事業とは?

 県が指定する農地中間管理機構が農地を借り入れ、規模拡大を目指す担い手に貸し付ける事業です。農地の出し手・受け手ともにメリットがあり、出し手は、要件を満たすと「機構集積協力金」が受け取れたり、一定期間、固定資産税が半減されたりします。受け手は、借入農地の所有者が複数でも、賃料を機構にまとめて支払いできるので事務が簡素化されます。

 農地を貸したい・借りたい方や、特定農作業受委託契約をしている方は、農地中間管理事業の活用をおすすめします。

 

機構集積協力金について

 農地中間管理事業を活用して農地を貸し付け、一定の要件を満たしている場合に以下の協力金が交付されます。

1.地域集積協力金

 地域内のまとまった農地を機構に貸し付け、担い手への農地集積・集約化を図る場合。

 交付単価は集積タイプか集約化タイプ、機構の活用率等で異なります。

2.経営転換協力金

 一つの作物に特化したい、リタイヤするから誰かに農地を貸したい、農地の相続人で農業経営を行わない等の理由で機構に農地を貸し付ける場合。

  交付単価 上限額
令和4年度~令和5年度 1.0万円/10a 25万円/1戸

※すべての農地を10年以上貸し付ける必要があります(例外あり)。

経営転換協力金は、地域集積協力金と一体的に取り組む場合についてのみ交付対象となります。

 

申込みについて

農地を貸したい方(出し手)、借りたい方(受け手)ともに申込みが必要になります。農林政策課まで問い合わせください。

現在、五所川原市内で貸付希望が出されている農地はこちらから確認できます。

 

問い合わせ先

担当 農林政策課農政係

電話 0173-35-2111

内線 2522

ページの先頭へ

ホームへ戻る