広報

 

【救命講習のご案内】

 

【バイスタンダー(そばに居合わせた方)カードの配付について】
【もしもの時に役立つ「緊急連絡カード」について】

【催し物の開催に関する火災予防条例の改正について】

【防火管理新規講習】

【ホテル・旅館等に対する「表示制度」】

【協力団体の紹介】

【人事行政の運営等の状況の公表について】

 

 

あなたの目の前で大切な家族が、友人が、突然倒れたら、あなたはどうしますか?
119番をしてから救急車が到着するまで、全国平均で約8分かかります。
     
その時、居合わせたあなたの「応急手当」が尊い命をつなぐのです。
救命講習

 

1. 救命講習の種類 

 

種類 時間 主な内容 修了証等の交付
普通救命講習Ⅰ 3時間

心肺蘇生法(主に成人を対象)、大出血時の止血法

修了証
普通救命講習Ⅱ 4時間

心肺蘇生法(主に成人を対象)、大出血時の止血法
※心肺停止者に対し一定の頻度で応急の対応をすることが期待・想定される方が対象

修了証
普通救命講習Ⅲ 3時間 心肺蘇生法(主に小児、乳児、新生児を対象)、大出血時の止血法 修了証
上級救命講習 8時間 心肺蘇生法(成人、小児、乳児、新生児を対象)、大出血時の止血法、外傷の手当、傷病者管理法、搬送法 修了証
救急入門コース 90分 胸骨圧迫とAEDの使用方法
※小学校高学年(概ね10歳)以上から受講可能
修了証
救急法 1時間程度から 救命に関することであれば、受講者のニーズに合わせた講習も可能 無し

 

2. e-ラーニングについて

 

パソコンやスマートフォン、タブレットPCを利用することにより、インターネット上で必要な知識を身につけることができます。これはe-ラーニングと呼ばれ、時間や場所にしばられることなく、自分のペースで学習を行うことができます。

e-ラーニング受講後、概ね1カ月以内に普通救命講習、上級救命講習を受講すると、座学部分(1時間)が免除されます(受講証明書を確認します)。

e-ラーニング画像

 

※e-ラーニング受講時のイメージ

 

e-ラーニングの流れ

 

 

 e-ラーニング受講希望の方は「e-ラーニング(応急手当WEB講習)」このリンクは別ウィンドウで開きますから受講してください。

 

 

3. 救命講習の申し込み

 受講は、基本的に五所川原市、中泊町、鶴田町に居住、勤務、在学している方が対象になります。

 

(1)e-ラーニングを受講した方に対し、定期講習を行っております(普通救命講習Ⅰのみ)。定期講習は個人の方であっても受講が可能です。
(2)先着20名で定員となります

(3)申込書に必要事項をご記入のうえ、開催日より1週間前までに最寄の消防署にご提出ください。

 

救命講習申込書エクセルファイル(31KB)

 救命講習申込書PDFファイル(60KB)

 

平成28年度 スケジュール表

6月15日(水曜日) 五所川原消防署 定期講習 午前10時から正午 e-ラーニング受講済みの方が対象
9月14日(水曜日) 鶴田消防署
12月14日(水曜日) 中里消防署

 

(4)定期講習のほか、事業所、団体等からの各救命講習申し込みは随時受け付けております。申し込みの際は依頼文書の提出を必要とし、また、講習の種類が普通救命講習、もしくは、上級救命講習の場合でも、あわせて受講者名簿を提出していただきます。依頼文書の提出は遅くとも2週間前までとしておりますが、受講者名簿に関しては、講習日当日(諸事情のある場合)でも結構です。

 

事業所、団体等からの依頼文書エクセルファイル(30KB) 事業所、団体等からの依頼文書PDFファイル(41KB)

事業所、団体等からの受講者名簿エクセルファイル(29KB)

事業所、団体等からの受講者名簿PDFファイル(35KB)

 

(5)いずれも詳細は、最寄りの消防署へお問い合わせください。

担当署 係名 電話番号
五所川原消防署 救急係 0173-35-2019
金木消防署 0173-53-2322
市浦消防署 0173-62-2119
鶴田消防署 0173-22-2131
中里消防署 0173-57-2370
小泊消防署 0173-64-2375

 

5.その他

(1)普通救命講習は実技が主となりますので、動きやすい服装でお越しください。
(2)普通救命講習Ⅱは筆記試験があります。筆記用具は各自でご持参くださるようお願いします。
(3)各消防署の駐車場には限りがありますので、場合によってはお車の移動をお願いすることがありますのでご了承ください。

 

 

◎バイスタンダー(そばに居合わせた方)カードの配付について

 

(目的)

 救急現場において、救急隊員が到着するまでの間、けがや病気により、突然心臓や呼吸が止まったり、又はこれに近い状況になった方への応急手当は重要です。

 勇気をもって応急手当をおこなった方に感謝の意を表し、併せて応急手当をおこなったことでの心配事や不安を和らげることを目的として救急隊員が配布します。

 

(対象) 

救急現場で心肺蘇生、応急手当を実施した方

救急隊長が必要と認めた方

 

(相談窓口)

 応急手当をおこなった後で、心配事や不安なことがありましたら、下記までご連絡ください。

五所川原地区消防事務組合 消防本部 警防課
電話 0173-35-2023 (平日 8時30分から17時15分)


※搬送先病院、その他の予後についての個人情報は、回答いたしかねますのでご理解のほど、お願い申し上げます。

 

(配布カード)

バイスタンダーカード(表面)   バイスタンダーカード(裏面)
(表面)   (裏面)

 

○バイスタンダーとして応急手当てをしたくださった方の活躍の一部を紹介します○

 

(事例1)

 仕事場で同僚がトラックの荷台から転落し、心臓と呼吸が止まり、心肺蘇生(胸骨圧迫)をひとりでおこない、救急隊が到着したころには、心臓が動きだし救命できたものです。

 

(事例2)

 友人と公共施設に遊びに行った際、目の前で男性が倒れ、心肺蘇生(胸骨圧迫)をひとりでおこない、救急隊に引き継ぎ病院に搬送され、その後、救命できたものです。

 

 

 

◎もしもの時に役立つ「緊急連絡カード」について

 

 「緊急連絡カード」とは? (五所川原市のホームページに移動します)

 

 

◎催し物の開催に関する火災予防条例の改正について (平成26年8月1日施行)

 

 平成25年8月に、京都府福知山市の花火大会会場で発生した火災を踏まえ、催しに際し、火気を使用する露店等を開設する場合は「消火器」を準備するとともに、開設する3日前までに消防署へ「露店等の開設届出書」を届け出ることが必要になりました。

 

○対象となる催し

(1)祭礼、縁日、花火大会、展示会などその他多数のものが集合する催し

(2)町内会、自治会の夏祭り、学校、PTAが主催する催し

  (ただし、近親者のみで行うバーベキューやパーティーは対象外です。)

 

○対象となる器具

(1)LPガスやカセットボンベを使用する器具
 ・主にガスボンベを使用する鉄板、たこ焼き器などの調理器具や、カセットコンロなどが
  これにあたります。
(2)ガソリンや灯油を使用する器具
 ・発電機などの内燃機関がこれにあたります。 (注)内燃機関…エンジンのこと
(3)木材や木炭などを使用する器具
 ・バーベキューコンロや移動式薪ストーブなどがこれにあたります。
(4)電気を使用する器具
 ・ホットプレートやフライヤーなどの電熱式調理器具がこれにあたります。

 

《火気器具等使用時の注意事項》PDFファイル(174KB)このリンクは別ウィンドウで開きます 

 

○露店等を開設する場合の届出について

(1)届出書類 露店等の開設届出書 2部
(2)添付書類 火気を使用する露店の位置、消火器の設置場所などを記載した配置図 2部
(3)提出先 催しを開催する場所を管轄する消防署

 

露店等の開設届出書ワードファイル(17KB)このリンクは別ウィンドウで開きます   /   露店等の開設届出書PDFファイル(68KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

露店等の開設届出書記入例PDFファイル(215KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

○お問い合わせ先

消防本部予防課

0173-35-2020
五所川原消防署 予防係 0173-35-2019
五所川原消防署東分署 0173-29-2119
金木消防署 0173-53-2322
市浦消防署 0173-62-2119
鶴田消防署 0173-22-2131
中里消防署 0173-57-2370
小泊消防署 0173-64-2375

 

 

 

◎平成28年度 甲種防火管理新規講習

 

講習日

7月26日(火曜日)から27日(水曜日) 2日間
講習会場

五所川原地区消防事務組合 消防本部 2階 会議室

申込み

期間

6月27日(月曜日)から7月8日(金曜日)

(8時30分から17時00分 ※土日を除く) 

定員(約110人)になり次第締め切ります。

受講申請書の配付

および

申込み先

 五所川原地区消防事務組合

消防本部

予防課

0173-35-2020 五所川原市中央四丁目130
金木消防署 0173-53-2322 五所川原市金木町菅原367-1
市浦消防署 0173-62-2119 五所川原市相内246-4
鶴田消防署 0173-22-2131 北津軽郡鶴田町大字鶴田字早瀬194-1
中里消防署 0173-57-2370 北津軽郡中泊町大字中里字宝森1-2
小泊消防署 0173-64-2375 北津軽郡中泊町大字小泊字砂山1078-1
 つがる市消防本部

消防本部

予防課

0173-42-7744 つがる市木造赤根1-1
 鰺ヶ沢地区消防事務組合

消防本部

消防班予防係

0173-72-4527 西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町209-2
深浦消防署 0173-74-2994 西津軽郡深浦町大字広戸字家野上107-3
岩崎分署 0173-77-2119 西津軽郡深浦町大字岩崎字松原51-7
※注意 五所川原地区消防事務組合、つがる市消防本部および鰺ヶ沢地区消防事務組合管内の事業所を優先しています。他の市町村の事業所の方は受講できない場合があります。

 

 申込み方法や日程、内容など詳細については、次の形式ファイルをご覧ください。

 

 ※受講申込みは終了しました。

 

 講習案内PDFファイル(256KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

  

 受講申請書エクセルファイル(15KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 受講申請書記入例PDFファイル(175KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 

 

◎ホテル・旅館等に対する「表示制度」

 

1.表示制度とはホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。

 

2.対象となる建物

3階建て以上で収容人員が30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む)が対象です。

 

3.表示制度の申請・交付の流れ

 

申請

表示マークの交付(更新)を希望する場合、ホテル・旅館等の関係者は「表示マーク交付(更新)申請書」に以下の書類を添えて消防本部予防課に申請してください。

 

表示マーク交付(更新)申請書ワードファイル(22KB) 表示マーク交付(更新)申請書 PDFファイル(92KB)

〔申請に必要な書類〕

(1)防火対象物(防災管理)点検結果報告書

(2)消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書

(3)製造所等定期点検記録表

(4)特殊建築物等定期調査報告書

(5)その他消防機関が必要と認める書類

審査

消防本部は、ホテル・旅館等の関係者からの申請書と添付書類に基づき、建物が表示基準に適合していることを審査します。

 

〔表示基準〕

○消防法令の基準(防火管理の実施状況、消防用設備等の設置状況および危険物施設等)に適合していること。

○建築基準法令の基準(構造・防火区画・階段・避難施設等)に適合していること。

交付 ●表示マーク(銀)の交付
表示マーク(銀) 消防本部による審査の結果、表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(銀)」(有効期間1年間)が交付されます。
●表示マーク(金)の交付
表示マーク(金) 3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(金)」(有効期間3年間)が交付されます。

 

4.表示マーク交付ホテル・旅館等一覧

五所川原地区消防事務組合管内の表示マーク交付ホテル・旅館等は以下のとおりです。

 

平成28年10月14日現在 交付一覧PDFファイル(62KB)

 

外部リンク(総務省消防庁HP「防火対象物に係る表示制度について」 )

表示制度このリンクは別ウィンドウで開きます

 

 


◎協力団体の紹介

 

○五所川原地域防災協会

設立 昭和57年10月5日

「自分たちの街は自分達で守る」ことを目的に、五所川原市および鶴田町の事業主を中心に設立されました。設立以来、地元消防署と協力しながら「地域から災害をなくする」ために活動しています。

平成の大合併により旧金木町、旧市浦村および中泊町の事業主の方々が新たに会員として加入となり、防災協会もますます活性化しております。

 主な活動として、春秋の火災予防運動に商店街等をパレードし住民へ防火を呼びかけたり、管内で挙式される新婚カップルに住宅用火災警報器を贈呈して火災予防の推進と住宅用火災警報器の普及活動も行っています。また、防火ゲートボール大会と防火グランドゴルフ大会を開催し、競技前に消火器による消火訓練を実施し、初期消火の大切さを理解してもらうとともに、いざとなったときに高齢者の方でも消火器が使えるよう訓練に参加する機会をつくるなどの活動をしています。

 

防災協会 消火訓練

 

○五所川原地区婦人少年幼年防火委員会

設立 昭和60年9月25日

 幼年消防クラブの育成、推進、指導および強化することを目的として設立されました。
 五所川原市、鶴田町および中泊町の幼稚園や保育園の幼年消防クラブ、小学生が対象の少年消防クラブ、家庭の主婦が対象の婦人防火クラブで構成されています。幼年消防クラブによる防火パレードや消防団の観閲式への特別参加、婦人消防クラブによる火災予防を唱える広報活動などが実施され、幼児からおとなまで、それぞれのクラブの年代に応じた活動をしています。

 

防火パレード 一日消防官と幼年消防クラブ

 

 

 

◎人事行政の運営等の状況の公表について

 地方公共団体における人事行政の運営などの状況を住民の皆さんに公表することにより、その公平性や透明性を高めるため、組合では前年度の状況を中心に本組合の職員の給与や勤務条件など職員に関する情報を、住民の皆さんにお知らせします。

 

 ◆平成28年度人事行政の運営等の状況の公表PDFファイル(435KB)

 

内容

1 .職員の任免および職員数に関する状況

2 .職員の給与の状況

3 .職員の勤務時間その他の勤務条件の状況

4.職員の分限および懲戒処分の状況

5. 職員の服務の状況
6. 職員の研修および人事評価の状況
7. 職員の福祉および利益の保護の状況

8. 職員の競争試験および選考の状況
9. 青森県人事委員会の業務の状況

 

ページの先頭へ

ホームへ戻る