火災予防コーナー

【出火原因からの火災予防】 消火器の取扱い方法など】 【住宅用火災警報器】
【防炎製品の紹介】 【防火査察・山火事防止巡回】  

 

 

 

 

 みんなで防火

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント
-3つの習慣・4つの対策-
3つの習慣
寝たばこは、絶対やめる。
ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
○ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策
○逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
○寝具や衣類からの火災を防ぐために、防炎製品を使用する。
○火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
○お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。
 
 
※出火原因からの火災予防

 全国的に建物火災の出火原因のトップは「放火又は放火の疑い」で以下「こんろ」、「たばこ」、「 ストーブ」、「 火あそび」などが上位を占めています。
 出火原因から見た以下の注意事項に留意して火災予防にご協力ください。

□放 火
 ・家の廻りに燃えやすい物を置かない。

□ガスこんろ
 ・天ぷらを揚げているときは、その場を離れない。
 ・就寝前、外出前に元栓を締める。
 ・使用しないときはチャイルドロックをする。

□たばこ
 ・灰皿に水を入れておく。
 ・吸い殻を捨てるときは、ゴミ箱に直接捨てずに水の入った金属製の容器に入れる。
 ・寝たばこはしない。

□ストーブ
 ・ストーブは、カーテンのある窓等から離す。
 ・ストーブの上側や前面など洗濯物を干さない。
 ・周囲に紙など燃えやすいものを置かない。
 ・就寝時、外出時に消火する。
 ・カートリッジタンク等に給油するときは、ストーブの火を消して少し時間をおいてから給油する。
 ・誤給油を防ぐため、灯油は専用のポリ容器に入れ、ガソリンは金属製の携行缶に入れる。

□火遊び
 ・子どもの手が届くところにマッチやライターを置かない。

□電 気
 ・たこ足配線をしない。
 ・電気コードは束ねた状態で使用しない。

□風呂釜
 ・空だきをしないよう、ふろの水を確認する。

□たき火
 ・屋外でのたき火などは、風の強い日を避ける。
 ・消火器や水の入ったバケツなどを用意し、その場を離れない。

 

 

 

※住宅用火災警報器を設置しましょう!(消防法により設置が義務付けられています)

 

「逃げ遅れ」のより多くの人が亡くなっています!

住宅用火災警報器等の設置により3分の1程度に減少しています。

死者数

 

Q1.色々種類があるようだけど?どこに付けたらいいの?

A1.煙式と熱式があります。設置が義務付けられている場所は、【寝室】と【階段】です。

 また、義務ではありませんが、【台所】や【居室】等も設置することが望ましい場所です。

Q2.どのくらいの効果があるの?

A2.消防庁の調べによると、住宅火災による犠牲者の原因は、逃げ遅れがもっとも多く、全体の約6割を占めています。(年齢別では高齢者が6割、要因別では逃げ遅れが6割)

 住宅用火災警報器が設置されている場合は、設置されていない場合にくらべ、被害状況がおおむね半減した結果となりました。

Q3.交換時期は決まっていますか?

A3.機器本体に交換しなければならない期限を表示しています。詳しくはこちらから。

(注1…交換しなければならない期限とは、設置後10年をこえない期間とされています。)

(注2…交換時期になると警報がでる機器には、表示がないものがあります。)

 

 みなさまの住宅の寝室や階段室に設置されている住宅用火災警報器は、平成18年の法令改正で消防法及び五所川原地区消防事務組合火災予防条例により設置が義務となり10年が経過しました。

 電池寿命が10年の住宅用火災警報器は、電池切れの時期になってきます。古くなると電子部品の寿命や電池切れ等で火災を感知しなくなることがあります。10年を目安に取り替えましょう。

【交換時期等の確認方法】PDFファイル

 

 

《大きな火災に至らずに済んだ事例》

(事例1)

 就寝中、ストーブの上に干してあった洗濯物が落下し、翌朝タイマーで点火した際に着火。

 寝室の住警器が鳴動し、気づいた住人が急いで水をかけ、初期消火に成功した。

住警器1

(事例2)

 調理中、電話がかかってきたため、その場を離れ放置していたところ、鍋から発煙し、台所の住警器が鳴動。

 早期に発見したため、大事にはいたらなかった。

住警器2

(事例3)

 住居者が寝たばこをしてしまい、ふとんから発煙し、寝室の住警器が鳴動。

 気づいた住居者が、ふとんを風呂場に持っていき、浴槽の水にひたし、消火することができた。

住警器3

(事例4)

 就寝中、住警器の警報音で目がさめ、様子を見にいったところ、タコ足配線のプラグ部分から煙が発生していたため、住宅用消火器で消火した。

住警器4

 

 住宅用火災警報器を設置することで、万が一、火災が起きても、早期発見と避難が可能になります。

 あなたや家族の命を守る住宅用火災警報器を早めに設置しましょう。

 

○消防署からのお願い

 消防署では、住宅用火災警報器の設置状況の把握と今後の普及啓発、普及率の向上及びすでに住宅用火災警報器を設置している世帯への適切な維持管理を徹底してもらうため、消防職員が個別訪問し、玄関先で聞き取り調査をさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

 

○悪質な訪問販売にご注意を!!

 消防職員が住宅用火災警報器を販売したり、特定の業者に斡旋したりすることはありませんので、悪質な訪問販売には気をつけてください。

 

 

 

※ 消火器の取扱い方法など 
 

○消火器の購入と点検について
 住宅防火の決め手は初期消火。その主役は何といっても消火器。最近のデータによると素早く消火器を使って消火に成功したケースが約70%にものぼります。失敗したケースでもその理由の大半が「発見の遅れ」を含む消火時期の遅れとなっています。
 一方、火災が発生しても、なにも消火を試みなかったケースが4割近くも見られます。
 もし身近に消火器があれば、すぐに活用できたはず。大切な命や財産を守るためにも、「あっ、火が!」と思ったら、すぐ初期消火が行えるよう、定期的にしっかり点検された消火器を備え付けてください。
 また、悪徳業者による消火器の訪問販売、訪問点検による被害が発生しています。

(被害例)
1 古い消火器を高価な値段で買わされた。
2 事業所へ来た業者が、「消火器の点検に来ました。」と言ってすぐに点検を始め、契約書や請求書にサインや押印を求められ、高額な点検料を支払わされた。

 このような被害にあわないため、知らない業者から消火器を買わない、点検をさせない、サインや押印に応じない、契約業者なのかを確認するなどしてください。変だなと思ったらハッキリ断ってください。そして、すぐに消防署へ連絡してください。
 また、消火器の購入、点検については最寄りの消火器販売業者(NTT電話帳「タウンページ」の「消防用設備・用品」の欄をご覧ください。)または消防署へ問い合わせてください。

 
 ○消火器の使い方
 消火器の使用方法が分からなくて「いざというときに使えなかった・・・」ということのないようにしてください。

 火災を発見したら、近くにある消火器を火点の2~3m手前まで持って行き、

 (1)安全ピンを抜く
 (2)ホースの先端部分を持って火元に向ける
 (3)レバーを握る(女性など腕力のない方はレバーを上から強くたたく)

 とノズルから薬剤が出てきます。
消火器1 消火器2 消火器3

【注意事項】
 火元の手前の方から掃く(ノズルを左右にゆっくり振る)ような感じで少しずつ火点に近づく。
 天ぷら油などから火が出た場合は、消火器の薬剤放射時の圧力が強いので上から直接鍋にかけると火のついた油が飛び散って延焼拡大の危険があります。また、熱した油(液温200℃以上)が皮膚に触れてヤケドをする可能性も出てきますので十分注意してください。

 

○古い消火器の処理について
 古くなった消火器、特にサビが発生したり、変形したり、塗装が剥離した消火器の本体は、レバーを握って内部に圧力がかかったとき破裂することがあります。ケガをしたり、死亡した事例があるので使用しないでください。
 古い消火器の廃棄は、専門業者の処理が必要です。(処理は有料となります。)
 最寄りの消火器販売業者(NTT電話帳「タウンページ」の「消防用設備・用品」の欄をご覧ください。)に問い合わせてください。

  ※サビ・キズ・変形のある消火器を見つけたら

 (1)レバーは絶対握らないでください。
 (2)必ず《使用禁止》のラベル等を貼ってわかるようにしてください。
 (3)ゴミに出したり、屋外などに所かまわず放置しないでください。
 (4)火災時はもちろん、訓練でもけっして使わないでください。
 (5)けっして自分で分解しないでください。
 (6)速やかに消火器販売店など専門業者に引き渡してください。

 

消火器写真1 消火器写真2 消火器写真3 消火器写真4

 

 

 ※ 防炎製品の紹介

 

 映画館、飲食店、デパート、旅館、ホテル等で使用するカーテン、じゅうたん等は防炎処理された物を使用することが義務づけられています。
 防炎製品(燃えにくい繊維製品)は火を近づけてもその部分が焦げるだけで燃え広がらない特徴があります。
 カーテン、じゅうたんの他にも割烹着、エプロン、アームカバー、パジャマ、毛布、掛けふとんカバー、シーツ、枕カバーなどがあります。
 ふつうの繊維は燃えやすく、たばこなどの小さな火源で着火し、火傷や火災の原因となっています。
 防炎製品を一般家庭でも使用して火災の予防に役立ててください。

防炎繊維

防炎品比較実験 着火1分後の状況

(平成13年版 消防白書より)

 

 

 防火査察・山火事防止巡回

 

◎防火査察(立ち入り検査)

 デパートや病院など多数の人が出入りしている建物、工場や倉庫などの建物すべてが検査の対象になります。また、火災が発生しても設備が適切に動作し、その機能を発揮できるように検査をします。

 

査察1 査察2

 

◎山火事防止巡回

 春の山菜採りの季節に、飯詰山・梵珠山の入山者に対してタバコの投げ捨てや焚き火などをしないように呼び掛けをしています。

ページの先頭へ

ホームへ戻る