119番のかけ方

【119番通報の要領】 【119番通報について】
【119番通報の注意点】 【消防テレホンサービス】
【メール119のご利用案内について】 【ファクス119のご利用案内について】

 

 

◎119番通報の要領

 

 119番通報は、次の要領で「おちついて」、「ゆっくりと」、「はっきりと」、そして「早く正確な通報」を心がけてください。また、指令員が「火災」か「救急」かを聞くので答えてください。

 

火災通報 救急通報

○場所

 市町村名から詳しく。(五所川原市○○町△△番地××号●●アパート■号室 等)

○場所

 市町村名から詳しく。(五所川原市○○町△△番地××号●●アパート■号室 等)

○目標

 近くに目標となる大きな建物などがあれば伝える。

(○○小学校の南側・●●踏切の東側等)
 

○目標

 近くに目標となる大きな建物などがあれば伝える。

(○○小学校の南側・●●踏切の東側等)
 

○状況

 何がどのくらい燃えているか、逃げ遅れた人がいないかどうかなどを伝える。(例:1階南側の窓から火が出ている、家の人は皆、外に避難して無事だ、等)

○状態

 急病、交通事故等内容を具体的に伝える。(例:乗用車が衝突して1人が閉じ込められている、○○歳位の男性が頭部から出血している、意識はある、等)

○氏名電話番号 

 通報された方の氏名、通報に使っている電話番号を伝える。(出動指令後、状況確認のために電話する場合もあります。)

 

 

 

○氏名電話番号 

 通報された方の氏名、通報に使っている電話番号を伝える。(出動指令後、状況確認のために電話する場合もあります。)

 ※救急車が到着するまで安静にして、必要なときは心肺蘇生や止血などの応急手当てをしてください。

 ※場所にあってはで伝える方がおりますが、例示のとおり正式な住所(番地まで)での通報をお願いします。 
 

 

 

◎119番通報について

 

 五所川原地区消防事務組合管内(五所川原市、鶴田町、中泊町)から119番通報すると、五所川原市中央四丁目130番地の高機能消防指令センターの指令室につながり、出動指令を受けた消防署、分署から消防車や救急車が出動します。
   ただし、携帯電話での119番通報は、隣接する市町村の境界付近の場合、つがる市消防本部、弘前地区消防事務組合消防本部、青森地域広域事務組合消防本部等に、海岸線沿い等では北海道の消防本部につながることもあります。その場合でも五所川原地区消防事務組合(高機能消防指令センター)に転送されますので、ご安心ください。
 携帯電話は、電波の状態で通話が途切れることもあるので、その場合は少し移動するか、近くの一般電話または公衆電話から通報していただくようお願いすることがあります。また、携帯電話は聞き取りにくいことが多いので通報を受理した指令員が何度も聞き直すことがありますが、正確な場所や状況を聞かないと消防隊や救急隊を出場させることができませんので、ご理解のほどよろしくお願いします。
 なお、運転中の携帯電話の使用は、道路交通法違反となりたいへん危険ですので、おやめください。
通報が終わっても通報者の電話に消防本部からかけなおすことがありますので、消防車や救急車が到着するまでの間は電話の使用を控えるようお願いします。

 

 ○119番通報の受付から現場到着までの流れ

119受付

 119番へ通報された方は、指令員の問いかけに落ち着いて答えてください。

予告指令

 火災・救急等の災害種別と場所が確認できたら、出場する消防署、分署に予告指令が放送されます。隊員は出場の準備をします。

指令員が火災・救急等の状況等を詳細に聞くので、通報された方はあわてないで落ち着いて答えてください。

本指令(出場指令)

 場所や火災(建物火災・車両火災等の別)・救急(急病・交通事故等の別)の詳細な情報が放送されます。

 隊員は、災害地点の住所、氏名、地図等が印刷された指令書を持って車両に乗車します。

現場出場

 車載のAVM(車両運用端末装置)にも地図等の情報が表示され、現場を確認することができます。

 

 

 

◎119番通報の注意点 

 

 119番通報のなかには「火事、火事!早く!」や「交通事故です!早く来て!」などと伝えて、指令員が状況等を聞く前に電話を切ってしまう方がいます。このような通報では正確な場所や情報が把握できず、消防車や救急車が現場へ出場することができませんので、落ち着いて指令員の聞くことに答えるようにしてください。

  また、消防車や救急車は一刻を争う、緊急性のある現場に出場する車です。「サイレンを鳴らさずに来てほしい」と言われる方がいますが、消防車や救急車はサイレンを鳴らし赤色灯を点灯して、他の車や歩行者に通行していることを知らせることで安全確保を行い、道を譲ってもらい現場へ急行します。そのため、サイレンを鳴らさずに現場へ向かうことはできませんので、ご理解よろしくお願いします。

 

 

 

◎消防テレホンサービス

 

1.災害情報テレホン

電話番号 0173-34-2323

2.救急医療情報 電話番号 0173-34-4999

 

 ※災害の発生場所等については「災害情報テレホン」へ、病院案内については「救急医療情報」までお問い合わせをお願いします。災害の情報や病院の情報等について、119番にお問い合わせする方がいますが、119番は緊急回線ですので、お問い合わせ等はご遠慮くださるようお願いします。

 

 

◎ メール119とは

 

 メール119は、五所川原地区消防事務組合が管轄する地域を対象に、聴覚又は言語機能に障害のある方が、緊急通報を行う場合の補助手段として、携帯電話機やインターネット端末機から電子メールを利用して、火災や救急等の災害通報を行い消防車や救急車の要請ができるものです。

 

メール          
  携帯電話、スマートフォン 指令センター 出動

 

1 利用対象者

五所川原地区消防事務組合管内(五所川原市、鶴田町、中泊町)に居住又は通勤・通学されている方で、聴覚又は言語機能に障害のある方がご利用できます。

 

2 利用するための条件

(1)利用できる場所は、五所川原地区消防事務組合の管内に限ります。

(2)利用するためには、事前に登録が必要です。

(3)利用時の通信料およびプロバイダ利用料等については、利用者の負担となります。

 

3 利用にあたっての注意事項

(1)通報に用いる言語は日本語とし、絵文字等は使用しないでください。

(2)「メール119」受信後は「返信メール」を送信しますが、「返信メール」が届かない場合は消防本部で受信していない可能性がありますので、再送信するか、他の手段で通報してください。

(3)利用は、登録制になっております。「メール119利用登録申込書」は、五所川原地区消防事務組合のホームページに掲載するとともに、消防本部、消防署および分署並びに構成市町の福祉担当課に配布しております。

登録された方以外には通報用アドレスを教えないでください。事前に氏名、性別、勤務地、緊急連絡先等を登録しておくことにより、本人の確認や家族等への連絡ができます。

(4)通報時には、場所、内容、服装等を入力してください。なお、場所等が詳細でない場合、消防車や救急車の到着が遅れることがあります。

(5)「メール119」は緊急通報用ですから、問い合わせや相談には利用できません。

 

4 利用までの手続き

 

メール119利用登録申込書ワードファイル(17KB)

 

 

メール119利用登録申込書
記載例PDFファイル(100KB)

 

(1)「メール119利用登録申込書」に記入例を参考にして必要事項を記入のうえ、消防本部指令課に直接持参してください。

(2)「メール119利用登録申込書」に記入漏れ等がないか確認後手続きを行います。

(3)登録完了通知および使用開始通知

ア 「メール119利用登録申込書」を受理した後、消防本部指令課での利用登録作業を行い、登録完了後に利用登録者に対して「登録完了通知メール」を送信いたします。

イ  利用登録者は「登録完了通知メール」を受信後、本文に「とうろく りょうかい」と入力し、消防本部指令課へ返信してください(「返信メール」を送信してください。)

メール119のアドレスを携帯電話に保存してください。

ウ 消防本部指令課で「返信メール」受信後、「使用開始通知メール」を送信して使用の開始をお知らせします。

エ 携帯電話およびパソコン等において、メール受信のドメイン指定をしている場合や

パソコンからメールを受信拒否している場合、「登録完了」のメールが届きませんので、設定を解除してください。

オ 必ず、申し込んだときの携帯電話、パソコンからメールしてください。

携帯電話、パソコンのアドレスを変えたら、再度申し込みをお願いいたします。

 

5 通報の仕方

あなたが救急車や消防車が来てほしい場所の住所(正式名称)、住所がわからない場合は近くの目標物を入力し送信してください。

 

救急です。

五所川原市中央四丁目130番地

消防アパート3号室

30歳の男性(夫)

左足を痛めています。

火事です。

五所川原市中央四丁目130番地

消防アパートの2階が燃えています。

逃げ遅れはありません。

 

 

6 利用の変更および中止の場合

「メール119利用登録申込書」の「記入上の注意事項」を参考にして必要事項を記入のうえ、五所川原地区消防事務組合消防本部指令課に直接持参してください。

 

7 個人情報管理

(1) 個人情報の利用について

「メール119利用登録申込書」に記載されている個人情報につきましては、「メール119」に伴う業務の範囲内で使用し、それ以外での使用はいたしません。

(2) 個人情報の第三者への提供について

 緊急時に消防本部指令課で必要と判断した場合には、親族等に「メール119利用登録申込書」の記載事項について情報提供する場合があります。

(3) 個人情報の登録および抹消について

「メール119利用登録申込書」を受理後、消防本部指令課で登録の変更、抹消を行います。

 

8 問い合わせ先

五所川原地区消防事務組合 消防本部 指令課

〒037‐0036 五所川原市中央四丁目130番地

電話番号 0173-35-2027
ファクス番号 0173-34-0120

 

 

◎ ファクス119とは

ファクス119は、五所川原地区消防事務組合が管轄する地域を対象に、聴覚又は言語機能に障害のある方が、緊急通報を行う場合の補助手段として、ファクス電話機を利用して、火災や救急等の災害通報を行い消防車や救急車の要請ができるものです。

 

     ファクス 指令センター 出動
           

 

 1 利用対象者

五所川原地区消防事務組合管内(五所川原市、鶴田町、中泊町)に居住又は通勤・通学されている方で、聴覚又は言語機能に障害のある方がご利用できます。

 

2 利用するための条件

(1)利用できる場所は、五所川原地区消防事務組合の管内に限ります。

(2)利用時の通信料については、利用者の負担となります。

 

3 利用にあたっての注意事項

 

緊急通報用紙 ファクス119PDFファイル(88KB)

 

 

 緊急通報用紙 ファクス119(記入例)
PDFファイル(105KB)

 

(1)「緊急通報用紙」受信後は「返信用紙」を送信しますが、「返信用紙」が届かない場合は消防本部で受信していない可能性がありますので、再送信するか、他の手段で通報してください。

(2)利用は、緊急通報用紙に必要事項を記入し局番なしの119番に送信してください。

送信用紙は五所川原地区消防事務組合のホームページに掲載するとともに、消防本部、消防署および分署並びに構成市町の福祉担当課に配布しております。

(3) 「ファクス119」は緊急通報用ですから、問い合わせや相談には利用できません。

 

4 通報の仕方

「緊急通報用紙」にあなたが救急車や消防車が来てほしい場所のくわしい住所、目標物

状況等を記入し、局番なしの119番に送信してください。※記入例参照

 

5 問い合わせ先

五所川原地区消防事務組合 消防本部 指令課

〒037‐0036 五所川原市中央四丁目130番地

電話番号 0173-35-2027
ファクス番号 0173-34-0120

ページの先頭へ

ホームへ戻る