ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 市からのお知らせ > 健康・福祉のお知らせ > 水痘(みずぼうそう)患者が増えています【注意報が発令されました】

水痘(みずぼうそう)患者が増えています【注意報が発令されました】

2月15日付け青森県感染症発生状況によると、五所川原保健所管内の一医療機関あたりの水痘(みずぼうそう)の患者数が1.6人となり、流行への警戒を呼びかける基準の1.0人を超えたため、注意報が発令されました。

 

水痘は、水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる発疹性の病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染により広がり、その潜伏期間は感染から2週間程度と言われています。主に小児の病気で、9歳以下での発症が90%以上を占めると言われておりますが、成人の感染は、重症化するリスクが高いと言われています。

 

感染を防ぐためには、水痘に罹っている人との接触や人混みを避けることと予防接種が有効です。

予防接種法に基づく定期接種対象者(1歳から3歳に至るまでの間にある児)は、水痘ワクチンを無料で接種できます。定期接種の対象者でワクチンが未接種の方は早めの接種をお勧めします。

定期接種対象外で任意接種を希望される方や感染した恐れのある方は、かかりつけ医にご相談ください。

 

リンク:水痘(みずぼうそう)に注意しましょう!(青森県庁)

問い合わせ先

担当 健康推進課健康推進係

電話 0173-35-2111

内線2372

内線2373

内線2374

内線2375

内線2377

内線2378

内線2379

内線2380

内線2381

内線2383

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る