ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 市長の部屋 > 市長から > 市長から

市長から

平成30年度

11月12日 芸能発表&ふれあい交流会

一人暮らしの高齢者の方々を招いた「芸能発表&ふれあい交流会」が、金木町赤十字奉仕団・連合婦人会の主催により金木公民館で開かれました。

オープニングでは、金木幼稚園と金木小学校の皆さんがすばらしい演奏を披露し、華を添えてくれました。

今後も、こうした地域全体で支え合うまちづくりに取り組んでいきたいと思います。

画像:金木小学校三味線部の演奏

11月8日 五所川原市社会福祉大会

11月8日、オルテンシアにて第61回五所川原市社会福祉大会が、「豊かな地域福祉を築こう」を大会テーマに、開催されました。

社会福祉の発展に貢献された方々へ表彰状が授与されたほか、住民参加による地域福祉活動の推進に向け、参加者一同決意を新たにしました。

福祉の輪が地域により一層広がることを、切に願っています。

画像:表彰状授与の様子

11月3日 市民総合文化祭

市民総合文化祭「五所川原文化祭」、「金木文化まつり」、「市浦ふるさとまつり」がそれぞれの地域で開催されました。

各会場では、バラエティに富んだ作品の展示や学習・芸能発表などが行われ、多くの家族連れなどで賑わいました。

私も芸術の秋を満喫し、楽しい時間を過ごすことができました。

画像:五所川原会場の様子
画像:金木会場の様子
画像:市浦会場の様子

10月29日 金木地区住民懇談会

10月29日、金木公民館において金木地区住民懇談会を開催しました。

地域に対する思い、様々なご意見をいただき、ありがとうございました。

今後も地域の皆さんのご意見をいただきながら、ともにまちづくりを進めていきたいと思います。

画像:会場の様子

10月27日 ごしょがわら産業まつり

農林水産物や加工品の販売をはじめ、地元企業や生活関連商品を紹介する「ごしょがわら産業まつり」が、10月27日、28日の2日間、つがる克雪ドームで開催されました。

あいにくの空模様でしたが、開会前から行列ができるなど、会場は熱気に包まれました。

地域の交流の場としても定着しており、たくさんの笑顔に出会えました!

画像:会場の様子

10月17日 東北市長会総会

東北市長会総会が宮城県石巻市で開催され、各県市長会から提出された議案の審議や東日本大震災の復旧・復興事業の視察を行いました。

東北の更なる発展のため、東北が一つになって、山積する課題解決に向け取り組んでいかなければならないと、改めて強く感じています。

画像:総会での新市長挨拶
画像:分科会での提案趣旨説明
画像:復旧・復興事業の視察

10月15日 太宰ウィークが始まりました

10月15日から28日までの2週間、朗読会や謎解きなど、当市金木町出身の文豪・太宰治に関するさまざまな企画を盛り込んだ「太宰ウィーク」が、生家「斜陽館」を中心に県内各地で開催されます。

今回は、太宰ゆかりの12施設で、特製缶バッジをプレゼントします。各施設1日につき先着50名様、施設ごとに異なるデザインとなっておりますので、ぜひコンプリートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

来年迎える太宰治生誕110年に盛り上がりをつなげていきますので、この機会にぜひ太宰の世界にどっぷりと浸かってください!

画像:オープニングセレモニーでのテープカット

10月14日 岩木川改修100周年記念ウォークin五所川原

今年12月に岩木川改修100周年を迎えることを記念したウォーキング大会が、当市で開催され、私も参加者の皆さんと一緒に、記念碑や改修に携わった偉人の石碑などを巡りました。

ノルディックウォークは初体験でしたが、爽やかな風を感じながら、充実した時間を過ごすことができました。

12月1日に当市で開催される岩木川改修100周年記念式典に向け、しっかりと取り組んでいきます!

画像:ウォーキングをする市長
画像:記念碑の説明を聞く参加者の皆様

10月1日 赤い羽根共同募金運動が全国一斉に始まりました

赤い羽根共同募金運動のスタートに伴い、当市においても各所にて街頭募金が実施され、私も皆さんと一緒に募金の呼びかけをしました。

たくさんの善意をお寄せいただき、ありがとうございます。

画像:街頭募金の様子
画像:募金活動をした皆様と

9月22日 あおもり10市大祭典in青森

青森県内10市の自慢の祭りと食が集まる「あおもり10市大祭典」が9月22日・23日に青森市にて開催され、私もパレードに参加しました。

初日は夜、2日目は昼と異なる雰囲気の中でのパレードとなりましたが、沿道には多くのお客さんが詰めかけ、五所川原の魅力をPRしてきました!

画像:としだいさいてんオープニング
画像:初日パレード
画像:初日パレード(たちねぷた)
画像:2日目パレード
画像:2日目パレード
画像:2日目パレード

9月21日 秋の全国交通安全運動が始まりました

9月21日から30日まで、秋の全国交通安全運動が実施されており、街頭指導を行いました。

秋の行楽シーズンを迎え、日没が早まるこの時期は、交通事故が増加する傾向にあります。交通マナーを守り、交通事故のないよう気をつけましょう!

画像:出発式
画像:街頭指導の様子

9月19日 市浦地区住民懇談会

9月19日、市浦コミュニティセンターにおいて、約4年振りとなる住民懇談会を開催し、地域の皆さんから多くの生の声をいただきました。来月下旬には金木地区でも開催し、今後も継続していきたいと思っています。

市民の皆さんの声を伺いながら、課題のひとつひとつに真摯に向き合い、取り組んでいきます!

画像:住民懇談会の様子

9月19日 100歳おめでとうございます

今年度に当市で100歳を迎える14名の代表として、市内金山の高橋はぎ江さんのお宅を訪問し、内閣総理大臣からの祝状と記念品、県知事からの顕彰状を手渡しました。

家で採れた野菜が好物だそうで、天気がよい日には庭の草取りをしているという元気なお姿にたいへん驚きました。

これからも末永く元気にお過ごしいただきたいと思います。

画像:市長と高橋さん

9月15日 津軽豊年祭「抜穂祭」

神様に奉納する稲を栽培する神饌田(しんせんでん)にて稲刈りを行う神事「抜穂祭」が、山王坊日吉神社にて執り行われました。

伝統文化を後世に継承するため、平成28年に地域の祭りとして復活し、中里高校の生徒の皆さんにも参加いただきました。

当日は好天に恵まれ、このまま順調に稔り多い秋となりますことを願っています。

画像:神事の様子
画像:しんせんでんでの稲刈り
画像:ぬきほさい参加者の皆様

9月9日 脇元お山参詣

五穀豊穣と家内安全を祈願する脇元岩木山神社大祭「脇元お山参詣」が執り行われ、9月9日の宵山に出席しました。

保存会と市浦中学校の生徒の皆さんによる小馬踊りが奉納されたほか、にぎやかなステージなどで盛り上がりました。

この地の風土が生み育てた伝統が、若い世代にもしっかりと引き継がれており、たいへん心強く思っています。

画像:小馬踊り

9月9日 中央コミセンまつり

9月9日、中央コミセンまつりが開催されました。あいにくの空模様でしたが、囃子方の皆さんの熱演により寒さも吹き飛び、子ども連れの方などで賑わいました。

今回で19回目と、毎年開催いただいている中央地区住民協議会の皆さんに感謝いたします。

画像:囃子方の皆様
画像:中央コミセンまつり

8月30日 交通安全青森県キャラバン隊メッセージ伝達式

8月30日、交通安全青森県キャラバン隊の皆さんから、交通安全対策の推進に向け、三村知事のメッセージを伝達いただき、金木小学校において児童への体験教室など、交通安全指導が行われました。

引き続き、各関係機関と密に連携し、交通安全運動の推進に取り組んでいきます!

画像:市長とキャラバン隊の皆様

8月24日 五所川原市老人クラブ連合会スポーツ大会

8月24日、五所川原市老人クラブ連合会スポーツ大会が市民体育館で開催され、私も開会式に参加しました。

皆さんと一緒にラジオ体操で心地よい汗を流し、たくさんの元気をもらいました。

画像:ラジオ体操

8月21日 青森県市長会総会

青森県市長会総会が当市で開催され、私もはじめて出席しました。

総会終了後には県内各市長の皆さんが五所川原市役所庁舎を視察し、たいへん好評を得ました。

今後も、県内各市としっかりと連携し、地域の課題解決に取り組みます!

画像:庁舎内の視察

8月17日 「斜陽館」200万人目達成セレモニー

当市が誇る文豪・太宰治の生家「斜陽館」が平成10年の一般公開から、入館200万人を達成しました!

斜陽館は、明治40年に当時のお金で約4万円の巨費を投じて建設され、国の重要文化財に指定されています。

太宰治生誕110年の節目となる来年に向けて、より多くのお客様にお越しいただけるよう、全力で取り組みます。

 画像:入館200万人目のお客さま

8月8日 五所川原立佞武多閉幕

五所川原立佞武多は、今年も多く皆様にお越しいただき、閉幕しました。

ご協力いただいたすべての皆様に心から感謝申し上げます。

ふるさとの祭りとして、市民の皆さんが誇りに思い、そしてもっともっと愛される祭りにしてきたいと思っています!

画像:まつりに参加する市民の皆様
画像:3台のたちねぷた

8月4日 五所川原立佞武多開幕!

五所川原立佞武多が開幕しました!

8月8日までの5日間、当市は祭りの熱気に包まれます。

今年の新作「稽古照今・神武天皇、金の鵄を得る」(けいこしょうこん・じんむてんのう、きんのとびをえる)には、「運行開始21年目を迎える立佞武多が、更なる飛躍に向け、初心に帰り、新たなスタートを切る年にしたい」という想いが込められています。

「纏」、「歌舞伎創生 出雲阿国」を加えた3台の大型立佞武多をはじめ、魅力的な山車が沿道の皆様を魅了しますので、ぜひおいでください!

画像:けいこしょうこん・じんむてんのう、きんのとびをえる

「稽古照今・神武天皇、

 金の鵄を得る」

画像:まとい

「纏」

 

画像:かぶきそうせい いずものおくに

「歌舞伎創生 出雲阿国」

 

7月9日 初登庁

本日、多くの市民の皆さんと職員の歓迎を受け、初登庁しました。

市民の皆さんの声をうかがいながら、課題解決に向け、市役所一丸となって取り組むことを決意しています。

市民の皆さんの期待にこたえるべく、真摯に努めてまいりますので、ご支援とご協力をよろしくお願いします。

 

                         佐々木 孝昌

 

画像:市長初登庁
画像:記者会見にて

問い合わせ先

担当 秘書課秘書係

電話 0173-35-2111

内線2131

内線2132

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る