平成28年12月放送分

12月28日(水曜日)放送内容

今日は、今年1年間でたくさん読まれた本の紹介と、1月のイベントの紹介をします。
今年も、みなさんにたくさん利用していただきました。さて、今年1年でたくさん借りられた本は、どの本なのでしょうか。いちばん借りられた本を種類ごとに紹介します。

【実用書】『生で冷凍、そのまま調理のすごワザ便利帳』池上正子(いけがみ まさこ):著 2010年:発行

実用書でいちばん借りられたのは料理の本でした。
【小説】『火花』又吉直樹(またよし なおき):著 2015年:発行
小説でいちばん借りられたのは、芥川賞を受賞して話題になった作品でした。
【児童書】『むかしばなしめいろ』せべまさゆき:さく 2011年:発行
『はらぺこあおむし』エリック=カール:さく 1989年:発行
『だるまさん』シリーズ かがくいひろし:さく 2008年:発行
児童書は、めいろの本、ロングセラーの本、人気の赤ちゃん向け絵本がたくさん読まれました。
【郷土の本】『たちねぶたくん』中川 ひろたか:文 村上 康成(やすなり):絵 2010年:発行
『おちゃっぴい』堀川 アサコ:著 2015年:発行

ぶたの「たちねぶたくん」が動き回る絵本と、青森県出身の堀川さんの本がよく読まれました。
平成29年1月8日(日曜日)あおもり冬の読書週間イベント「ザッキーの楽しい科学実験」
10時から、市立図書館2階の閲覧室で、元・理科の先生の「ザッキー」と科学の実験をします。(1)静電気で実験!(乾燥する時期、身の回りのもので実験してみよう!)と(2)かんたんプラネタリウム(かんたんに作れるプラネタリウムを作ってみよう!)という、とても楽しそうな内容です。対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)、定員は30名(保護者含めて)です。申込受付期間は12月23日(金曜日)から1月6日(金曜日)までです。イベントには子どもだけでなく、科学実験に興味のある方も参加できます。図書館の科学実験の本も借りていけますので、自分でできる科学実験をおうちでも楽しんでください。
「図書館ふくぶくろ」
1月4日(水曜日)から、図書館版「ふくぶくろ」を数量限定でご用意します。「ふくぶくろ」ですが、もらえる本ではありません。「中に何の本が入っているかわからない」ふくろから、自分の好きな「ふくろ」を選んで借りていきます。赤ちゃん向け、3から5歳向け、小学校1・2年生向け、3・4年生向け、5・6年生向け、中高校生向け、一般の方向けの「ふくぶくろ」を用意します。何の本が入っているかは、借りてからのお楽しみです。本は1つの袋に3冊ずつ入っています。小さな「まっこ」もついています。どうぞ「図書館ふくぶくろ」を借りてみてください。
最後に、年末年始のお知らせをします。図書館は明日12月29日(木曜日)から1月3日(火曜日)までお休みです。休みの日に本を返却される方は、玄関についている小窓を開けて玄関の中へ本を入れていただくようにお願いします。今年もご利用いただきましてありがとうございました。来年もどうぞ図書館をご利用ください。

 

12月21日(水曜日)放送内容

今日は、12月10日(土曜日)のおはなし会の様子の報告とイベントのご案内をします。
最初に、12月10日(土曜日)に開催した「だっこでいっしょおはなし会」の様子をお話します。まずは手遊び「とんとんとんとんひげじいさん」をみんなで一緒にやってからおはなしに入りました。最初の絵本は『いたいの いたいの とんでいけ!』です。「男の子が泣いています。どうしたのでしょうか」と言って読み始めました。転んだら「いたいの いたいの とんでいけー」をやってみてねと言って、次の絵本『クリスマスのおばけ』を読み、「ジングルベル」の歌を鈴とタンバリンとピアノの演奏で歌い、絵本『おふろのくまちゃん』、絵本『だーれの おしり』、絵本『だっこのおにぎり』、絵本『ツリーさん』を読みました。絵本の終わりに「メリークリスマス!」と言い、鈴を鳴らして、みんなで「サンタさーん」と呼ぶと … 津鉄観光アテンダントサンタさんが登場しました!そして、サンタさんは絵本『まがなった』を読んでくれました。津軽弁で「まがなる」様子を紹介していく絵本です。普段聞きなれていても、津軽弁で読み聞かせとなるととても新鮮で、大人でも楽しめました。最後にアテンダントサンタさんが子どもたちにプレゼントを渡して終わりました。とても素敵なサンタさんになってくださった津鉄観光アテンダントさんとは、また一緒にイベントなどをやれたらなと思います。ありがとうございました!
12月24日(土曜日)子ども司書養成講座 第10回 修了・認定式
10時から市立図書館2階で、今年6月から新しく始まった「平成28年度・第1期五所川原市子ども司書養成講座」の修了・認定式が行われます。参加した10名は初代・五所川原子ども司書として認定されます。この日は、子ども司書に興味のある方は誰でも出席することができますので、来年参加してみたい方や、子ども司書の活動を知りたい方は、どうぞご参加ください。
文豪ストレイドッグス×青森・太宰ゆかりの地キャンペーン
太宰治に関係する施設で『文豪ストレイドッグス』の等身大パネルに会えるのは12月28日(水曜日)までです。金木の伊藤忠吉記念図書館のほか、太宰治記念館「斜陽館」や津軽鉄道の駅など13ヶ所あります。あと1週間、最後のチャンスをお楽しみください。
平成29年1月8日(日曜日) あおもり冬の読書週間イベント 「ザッキーの楽しい科学実験」
10時から、市立図書館2階の閲覧室で、元・理科の先生の「ザッキー」と科学の実験をします。(1)静電気で実験!(乾燥する時期、身の回りのもので実験してみよう!)と(2)かんたんプラネタリウム(かんたんに作れるプラネタリウムを作ってみよう!)という、とても楽しそうな内容です。対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)、定員は30名(保護者含めて)です。申込受付期間は12月23日(金曜日)から1月6日(金曜日)までです。イベントには子どもだけでなく、科学実験に興味のある方も参加できます。図書館の科学実験の本も借りていけますので、自分でできる科学実験をおうちでも楽しんでください。
最後に、年末年始のお知らせをします。図書館は12月29日(木曜日)から1月3日(火曜日)までお休みです。休みの日に本を返却される方は、玄関についている小窓を開けて玄関の中へ本を入れていただくようにお願いします。

 

12月14日(水曜日)放送内容

今日は、映画イベントの報告と、12月・1月のイベントのご案内をします。
まずは、12月4日(日曜日)に開催した「映画無料上映会」の報告をします。午前10時からディズニーアニメの「ダンボ」、午後2時からオードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」を上映しました。午前の「ダンボ」では大人と子どもあわせて29人、午後の「ローマの休日」では大人10人が映画を鑑賞しました。上映は終わってしまいましたが、金木の伊藤忠吉記念図書館では、担当者おすすめの映画の本を紹介しています。また、図書館の奥の方にある「渋谷文庫」には、映画ファンの方ならとても楽しんでいただけるのではないかという映画の本コレクションがあります。そちらもどうぞご覧ください。
金木の伊藤忠吉記念図書館では、文豪ストレイドッグスの等身大パネルが12月28日(水曜日)まで設置されています。太宰治記念館「斜陽館」や津軽鉄道の駅などで文豪ストレイドッグスのキャラクタに会えるのは12月28日までです。冬休みなどを利用して会いにいってみてはいかがでしょうか。
12月17日(土曜日)「五所川原おはなしぽぽんたさんのおはなし会」
午後1時30分から1時間くらい、図書館2階「おはなしの部屋」で「五所川原おはなしぽぽんた」さんのおはなし会があります。月ごとにテーマを決めて、そのテーマについてのお話をしたり、クイズをしたりします。12月のテーマは「とり」です。来年の干支は「とり」ですね。鳥のおはなしや十二支のおはなしが聞けるかもしれません。また、児童室の前では年賀状の書き方や鳥の絵の本を紹介しています。気になったものはどうぞ借りていってください。
平成29年1月8日(日)あおもり冬の読書週間イベント「ザッキーの楽しい科学実験」
10時から11時30分くらい、市立図書館2階の閲覧室で、元・理科の先生の「ザッキー」と科学の実験をします。(1)静電気で実験!(乾燥する時期、身の回りのもので実験してみよう!)と(2)かんたんプラネタリウム(かんたんに作れるプラネタリウムを作ってみよう!)という、とても楽しそうな内容です。対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)、定員は30名(保護者含めて)です。申込受付期間は12月23日(金曜日)から1月6日(金曜日)までです。ただし、12月29日(木曜日)から1月3日(火曜日)まではお休みです。
「ザッキー」は、高校で理科系科目を教えていた方で、現在はGラジで木曜日の夜8時から放送している「音“倶楽部」でMCをしたり、廃校を活用した活動をしたりもしています。イベントには子どもだけでなく、科学実験に興味のある方も参加できます。図書館の科学実験の本も借りていけますので、自分でできる科学実験をおうちでも楽しんでください。
最後に、年末年始のお知らせをします。図書館は12月29日(木曜日)から1月3日(火曜日)までお休みです。休みの日に本を返却される方は、玄関についている小窓を開けて玄関の中へ本を入れていただくようにお願いします。屋外にある銀色のポストは郵便用なので、そちらへは入れないようにご注意ください。玄関の中に大きなスロープを作り、いくら本が返却されても大丈夫なようにします。ぜひそちらへお願いします。

 

12月7日(水曜日)放送内容

今日は、12月・1月のイベントについてご案内します。
12月10日(土曜日)「だっこでいっしょおはなし会クリスマス2016」
10時30分から30分くらい、市立図書館2階「おはなしの部屋」で「だっこでいっしょおはなし会」があります。3歳くらいまでのお子さん向けのおはなし会で、絵本の読み聞かせ、わらべうた、手あそびなどを一緒に楽しめる内容です。おはなし会の会場では、泣いても笑ってもいいし、途中で抜け出しても大丈夫です。今回も、子育て中の「読みメン」が登場します。
今回は12月ということで「クリスマス」のおはなしをします。昨年は、おはなし会にサンタさんが来てくれました。絵本を読んで、一緒におはなしを聞いて、最後にプレゼントを配って帰っていきました。今年も、サンタさんが来てくれます。今年のサンタさんは「津軽観光アテンダント」のサンタさんです。サンタさんは、どんなおはなしをしてくれるのでしょうか?最後にサンタさんからプレゼントもあるかもしれません。ちょっと早いクリスマス会を一緒に楽しみましょう!
12月17日(土曜日)「五所川原おはなしぽぽんたさんのおはなし会」
午後1時30分から1時間くらい、図書館2階「おはなしの部屋」で「五所川原おはなしぽぽんた」さんのおはなし会があります。月ごとにテーマを決めて、そのテーマについてのお話をしたり、クイズをしたりします。12月のテーマは「とり」です。来年の干支は「とり」ですね。鳥のおはなしや十二支のおはなしが聞けるかもしれません。児童室では、「とり」の本を紹介しています。年賀状の書き方の本もあります。おはなしを聞いて気になったら、本も借りていってみてください。
子ども司書養成講座 第10回12月24日(土曜日) 修了・認定式
6月から始まった「子ども司書養成講座」は、あとは修了・認定式だけとなりました。参加した10名は無事に修了できそうです。初代・五所川原子ども司書として認定されることになります。修了した後は、図書館で活躍の場が待っています。学んだことや自分で勉強したことを活かしながら、今後も活躍してもらいたいと思います。後日、今年の活動を振り返り、みなさんにお伝えしたいと思います。
平成29年1月8日(日)あおもり冬の読書週間イベント「ザッキーの楽しい科学実験」
10時から11時30分くらい、市立図書館2階の閲覧室で、元・理科の先生の「ザッキー」と科学の実験をします。(1)静電気で実験!(乾燥する時期、身の回りのもので実験してみよう!)と(2)かんたんプラネタリウム(かんたんに作れるプラネタリウムを作ってみよう!)という、とても楽しそうな内容です。対象は小学生以上(小学生は保護者同伴)、定員は30名(保護者含めて)です。申込受付期間は12月23日(金曜日)から1月6日(金曜日)までです。ただし、12月29日(木曜日)から1月3日(火曜日)まではお休みです。
「ザッキー」は、高校で理科系科目を教えていた方で、現在はGラジで木曜日の夜8時から放送している「音“倶楽部」でMCをしたり、廃校を活用した活動をしたりもしています。イベントには子どもだけでなく、科学実験に興味のある方も参加できます。図書館の科学実験の本も借りていけますので、自分でできる科学実験をおうちでも楽しんでください。