ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 毛内翁土功之碑(もうないおうどこうのひ)

毛内翁土功之碑(もうないおうどこうのひ)

広田組手代、新田人寄役、郷士等を勤めた、毛内翁土(毛内家5代目仁兵衛、後、治兵衛と改める)の功績を称える碑です。
毛内翁土は、文化3年(1806年)から文政5年(1822年)までの17年間に6,270本のタモ、胡桃、柳、萢柴木、杉などの樹木を2町6反(後には3町8反)の面積に植え、その林は、毛内林といわれました。毛内林は冬期間、防風林の役目を果たしていましたが、錦町開町とともに宅地化され、今では姿を消しています。この碑も、元々、毛内林の中にありましたが、錦町の開町とともに現地に移されました(「五所川原町誌」による)。
市内の江戸時代の記念碑は数が少なく、本碑はその中のひとつで、頌徳碑(顕彰碑)の中では当市最古のものです。
なお、一部分摩耗のため読みにくくなっています。

 

毛内翁土功之碑

毛内翁土功之碑の写真

ページの先頭へ

ホームへ戻る