ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 旧西沢家住宅(きゅうにしざわけじゅうたく)

旧西沢家住宅(きゅうにしざわけじゅうたく)

見学 期間
可(外観のみ) 通年

 

金木町のほぼ中心に位置し、旧津島家住宅(太宰治記念館「斜陽館」)に隣接しています。
西沢家は、旧小泊村に居住していた頃、北海道礼文島に鰊漁場を有し、財を得たといわれています。
大正時代に旧金木町へ転入し、戦前まで漁業と農業を営んでいました。
住宅は、昭和11年に竣工。元来は地主でしたが、昭和25年頃から旅館業を営み、昭和55年頃には飲食業を営むため、増改築されています。また平成9年には自宅建設のため、離れを取り壊しました。

入母屋造等の鉄板瓦棒葺屋根を複雑に組み合わせ、玄関から北に中廊下を設け、18畳座敷と次の間15畳等を配しています。東に延びる2階家は1階に8畳2室、2階に12畳半座敷等を設けています。
良材を吟味した近代和風の佳品です。

 

旧西沢家住宅

写真:外観1

 

写真:外観2

ページの先頭へ

ホームへ戻る