ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 第13回特別企画「日本近代絵画展」

第13回特別企画「日本近代絵画展」

第13回特別企画 日本近代絵画展ー山田春雄氏コレクションからー 平成28年7月1日(金)~10月2日(日)

 

当市出身で東京在住の山田春雄氏のご厚意により、地域文化の発展を目的として開催してきた特別企画展も今年で13回目となりました。

今回は、同氏のコレクションの中から日本の近代を代表する美術作家作品を約90点展示しています。

なかでも、青森県出身で世界的にも有名な板画家棟方志功の作品を数多く展示しております。ポスターに使用した倭画(やまとが)をはじめ、裏彩色の板画作品などを約30点展示。

また、日本のみならず世界で高い評価を受け、「最後の文人」と言われ明治から大正期に活躍した富岡鉄斎の作品も約10点展示しています。そのほか藤田嗣治、伊東深水の貴重な作品、明治期から現在活躍中の作家まで幅広い年代の日本の作家の作品を数多く展示しております。
つきましては、この機会に多くの方々に貴重な作品に触れていただくことを願い、ご来場をお待ちしております。

 

会期 平成28年7月1日(金)~10月2日(日) ※期間中、休館日はありません
会場

立佞武多の館 2階 美術展示ギャラリー

立佞武多の館ホームページ

開館時間 午前9時~午後5時(入館時間は午後4時30分まで)
観覧料 大人・大学生 300円(団体料金20名様以上270円) 高校生以下 無料
主催 五所川原市、五所川原市教育委員会
共催 五所川原市観光協会
協賛 株式会社宝古堂美術
後援

青森県、青森県教育委員会、五所川原商工会議所、五所川原青年会議所、東奥日報社、陸奥新報社、朝日新聞青森総局、読売新聞青森支局、毎日新聞青森支局、産經新聞社青森総局、河北新報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送、NHK青森放送局、五所川原エフエム

 

作品紹介

「棟樹下妃の図」 72.0×36.5cm 棟方志功

 

棟方志功(1903-1975)

青森市の鍛冶職人の家に生まれる。ゴッホの絵に感銘を受け,画家を志す。洋画を独学し、帝展に入選するが、古川龍生・川上澄生の影響で木版画を志す。平塚運一に木版画を学び、以後版画を制作、国画会会員として活躍。柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司ら日本民芸派の知遇を受けて制作上の転機をむかえ、宗教的主題の多くの傑作を生み出す。また文字自体を画面に導入し絵と文字を同次元の造型性に融合・統合させた独特の「板画」を確立した。棟方の肉筆画作品は「倭画」と言われ、国内外で板画と同様に評価を受けている。たいへんな近視の為に眼鏡が板に付く程に顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫った。

 

【辞書・年鑑等からの抜粋】

 


 

「弁財天」 29.0×41.0cm 富岡鉄斎

 

富岡鉄斎(1837-1924)

京都に生まれ、幼少の頃から勉学に励み、はじめ富岡家の家学である石門心学を、15歳頃から大国隆正に国学や勤王思想を、岩垣月洲らに漢学、陽明学、詩文などを学ぶ。また、30歳から40代半まで神社の神官(宮司)を務めた。晩年には帝国美術院会員(今の芸術院会員)になるなど、日本の美術史にも大きな足跡を遺した。

「最後の文人」と謳われた鉄斎は、学者(儒者)が本職であると自認し、絵画は余技であると考えていた。また、「自分は意味のない絵は描かない」「自分の絵を見るときは、まず賛文を読んでくれ」というのが口癖だったという。生涯を文人として貫き、その自由で奔放な画風は近代日本画に独自の地位を築き、梅原龍三郎や小林秀雄らが絶賛。日本のみならず世界からもいまなお高い評価を受けている。

【略歴・辞典等からの抜粋】

 


 

 

「桜花塔影」 26.0×40.0cm 村田林蔵

 

村田林蔵(1954-)

岩手県花巻市出身。東京藝大在学中より平山郁夫の薫陶を受け、院展を中心に故郷の牛や日本の四季を主題にした作品を発表。東日本大震災の翌年には、ふるさとの復興を願って平泉・中尊寺に「金色堂散華心象図」を奉納。主に、親子牛・羊などの家畜や古都の風景、日本の自然の四季などのモチーフを得意とする。

 

【辞書・年鑑等からの抜粋】

問い合わせ先

担当 文化スポーツ課文化係

電話 0173-35-2111

内線3323

内線3324

内線3339

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る