ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > マイナンバー制度 > マイナンバー制度における情報連携の試行運用について

マイナンバー制度における情報連携の試行運用について

マイナンバー制度における情報連携の試行運用の開始について

 マイナンバー制度における情報連携の試行運用が平成29年7月18日から全国で開始されました。

 情報連携の本格運用が開始されれば、マイナンバーを用いる事務手続において、これまで提出する必要があった書類(住民票の写し、課税証明書など)が省略できるようになりますが、試行運用期間におきましては、従来どおりの書類の提出をお願いいたします。

 

情報連携とは

 「情報連携」について

本格運用について

 10月頃からは本格運用の開始を予定しており、情報連携の本格運用が開始されれば、マイナンバーを用いる事務手続において、これまで提出する必要があった書類が省略できるようになります。

 情報連携の本格運用が開始される時期については決まり次第、市ホームページなどでお知らせします。

 

※詳しくは、内閣府「社会保障・税番号制度このリンクは別ウィンドウで開きます」のウェブサイトをご覧ください。

問い合わせ先

担当 総務課情報管理係

電話 0173-35-2111

内線2120

内線2121

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る