ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > 住民票等に旧氏(旧姓)が記載できるようになりました

住民票等に旧氏(旧姓)が記載できるようになりました

 令和元年11月5日から、本人からの申し出により、住民票・マイナンバーカード(通知カード)・印鑑証明書等に「旧氏(旧姓)」を併記できるようになります。

 旧氏を併記することで、各種契約、就職時・職場等において旧氏での本人確認や身分証明をすることができます。

 

※旧氏とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

住民票等への旧氏(旧姓)記載について

 

併記できる旧氏

・旧氏をはじめて記載する際は、戸籍に記載されている過去の氏の中から1つ選び併記することができます

・一度記載した旧氏は、婚姻等により氏が変更されてもそのまま記載できます

・旧氏は、他市町村に転入しても引き続き記載できます

・旧氏併記中に氏が変更した場合、直前に称していた旧氏に限り変更できます

・必要がなくなった場合には、旧氏併記を削除することができます

 ただし、その後は氏が変更した場合に限り、削除後に生じた旧氏の中から1つ選び記載できます

旧氏を併記する手続き

旧氏が記載されている戸籍(除籍)謄本等から現在の氏が記載されている戸籍に至るまで、すべての戸籍謄本等をお持ちのうえ、住民登録をしている市区町村で申請します。

※マイナンバーカードまたは通知カード(通知カードの場合、免許証等本人確認書類も必要)もお持ちください。

 

 

旧氏(旧姓)併記について詳しくは総務省のホームページに掲載されています。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/kyuuji.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 市民課住民戸籍係

電話 0173-35-2111

内線2312

内線2313

内線2314

内線2316

内線2317

内線2318

内線2319

内線2320

内線2321

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る