ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > くらし > くらし > カラスに注意しましょう

カラスに注意しましょう

 4月~6月はカラスの繁殖期です。ヒナを持つ親鳥はヒナを守ろうと攻撃的になっています。思わぬケガを防ぐためにも、以下のことに注意しましょう。

  • カラスの巣に近づかない。
  • ヒナ、卵を見ても近づかない。
  • ヒナにエサをあげない。
  • 石を投げるなどの攻撃をしない。

※地面にいるヒナは親鳥が見守っています。多少のケガであれば自然に回復する力を持っています。ケガや病気で弱っていても、なるべくそのままにしておくことが野生鳥獣本来の姿です。

※野生鳥獣の捕獲・飼養には許可が必要です。また、カラス等の有害性の高い鳥獣および外来生物については、保護の対象としておりません。

リンク:青森県ホームページ「ヒナを見つけたら!」

リンク:青森県ホームページ「傷病鳥獣の取り扱いについて」

ページの先頭へ

ホームへ戻る