11月は乳幼児突然死症候群(SIDS)強化月間です

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、予兆や既往歴がないまま、睡眠中に赤ちゃんが突然死亡する原因のわからない病気です。

平成30年には60名の乳幼児が乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くなり、乳児期の死亡原因第4位です。

 

・1歳になるまでは、寝かせるときはあおむけに寝かせる

・できるだけ母乳で育てる

・保護者等のタバコをやめる

 

以上が乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の危険性を低くするという研究結果が出ています。

 

12月以降の冬季に乳幼児突然死症候群(SIDS)が発症する傾向があるので注意しましょう。

 

睡眠中の赤ちゃんの死亡を減らしましょうこのリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 子育て世代包括支援センター

電話 0173-35-2111

内線2391

内線2392

内線2393

内線2394

内線2395

メールでのお問い合わせ