ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 退職者医療制度

退職者医療制度

「退職者医療制度」は、平成27年3月末で廃止されました

 ※ただし、それまで退職被保険者だった人が65歳になるまでの間は、平成27年4月以降も退職者医療制度の対象となり「退職被保険者証」が交付されます。

 

会社などを退職されたかたが、次の要件に該当する場合には、届出により退職者医療制度を利用することができます。

内容

対象
保険医療機関等に支払う一部負担金
適用を受けなくなるとき

対象

・国保に加入しているかた

・65歳未満のかた

・厚生年金や各種共済組合などから老齢退職年金を受けているかたで、これらの加入期間が20年以上または40歳以降の加入期間が10年以上あるかた

・退職被保険者と同一世帯の65歳未満の被扶養者で、主として退職被保険者により生計を維持しているかた

ただし、年間収入が130万円未満であること

【注】60歳以上または障がい者の場合は180万円未満であること

保険医療機関等に支払う一部負担金

・退職被保険者本人および被扶養者は、入院、外来ともに3割

適用をうけなくなるとき

・退職被保険者が65歳に達したときの翌月

ただし、1日生まれのかたは当月。

この場合、被扶養者は一般の国保被保険者となります。

・退職被保険者本人が亡くなったとき

この場合、被扶養者は一般の国保被保険者となります。

・退職被扶養者が65歳に達したときは、翌月から一般の国保被保険者となります

ただし、1日生まれのかたは当月。

問い合わせ先

担当 国保年金課国民健康保険係

電話 0173-35-2111

内線2334

内線2335

内線2336

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る