ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 高齢者インフルエンザ定期予防接種

高齢者インフルエンザ定期予防接種

令和3年度は、新型コロナウイルス感染症対策として、高齢者に対する季節性インフルエンザ予防接種の本人負担を無料とし、対象者に予診票とともに通知します。

例年1月から3月に流行するインフルエンザは、風邪と違って怖い感染症です。
予防接種は、インフルエンザ感染時の重症化予防に効果があり、流行前の12月中旬までに行うことが適切です。

接種の際は、感染対策の基本である(1)身体的な距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いの徹底を忘れずに実施ください。

 

実施期間
令和3年10月1日(木)から令和3年12月31日(木)まで

※医療機関によって、実施期間が異なりますので、必ず医療機関へお問い合わせください。

※病院の診療日に限ります。

対象者

(1)接種日において65歳以上の市民
(2)接種日において60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳1級程度の市民

 

(1)(2)の対象の方には、令和3年9月末に予診票を個別通知しています。

助成回数

1回

自己負担
無料(令和3年度は市で費用を負担します)
接種に必要なもの

・予診票(接種当日に自宅で記入を済ませたもの)、接種済証

・健康保険証、免許証など身分を証明できるもの

指定医療機関

令和3年度高齢者インフルエンザ定期予防接種指定医療機関一覧PDFファイル(79KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

上記一覧に掲載されている医療機関または広報10月号に掲載されている医療機関で接種してください。

指定医療機関以外で接種を希望する方(長期入院中・施設入所中など)は、健康推進課に相談ください。

 

なお、本事業の接種費用の一部は「原子力施設立地振興対策事業助成金」を活用しています。

問い合わせ先

担当 健康推進課健康推進係

電話 0173-35-2111

内線2381

内線2379

内線2374

内線2377

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る