ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 高齢者の肺炎球菌感染症定期予防接種

高齢者の肺炎球菌感染症定期予防接種

肺炎球菌は鼻や喉の奥にとりつき、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こします。
予防接種で使用される肺炎球菌ワクチンは、重症化する肺炎球菌の7割に効果があることが報告されており、重症化予防に特に効果的です。
対象者には、市から予診票を送付しています。同封した書類、実施医療機関を確認し予防接種を受けましょう。
ただし、すでに肺炎球菌予防接種をしたことのある方は予診票が届いたとしても対象となりませんのでご注意ください。

 

令和2年度対象者

次の(1)、(2)に該当する方で、今までに肺炎球菌ワクチンを接種されたことのない方

 

(1)令和2年度内に下記の年齢となる方

年齢 生年月日
65歳

昭和30年4月2日 ~ 昭和31年4月1日

70歳

昭和25年4月2日 ~ 昭和26年4月1日

75歳

昭和20年4月2日 ~ 昭和21年4月1日

80歳

昭和15年4月2日 ~ 昭和16年4月1日

85歳

昭和10年4月2日 ~ 昭和11年4月1日

90歳

昭和5年4月2日 ~ 昭和6年4月1日

95歳

大正14年4月2日 ~ 大正15年4月1日

100歳

大正9年4月2日~大正10年4月1日

 

(2)接種日において、60歳~64歳で心臓・腎臓・呼吸器の機能、人免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害を有する方(身体障碍者手帳1級程度)

 

※高齢者の肺炎球菌ワクチン定期接種予防接種の経過措置が、2023年度末まで延長されました。(厚生労働省通知)

 

令和2年度接種期間 

令和2年4月1日~令和3年3月31日(医療機関の診療日に限る)

※この期間に接種できなかった場合、その後の接種は、全額自己負担となりますので、この期間での接種をお勧めします。

 

接種回数

1回

 

費用 

無料

 

定期予防接種実施医療機関

令和2年度高齢者の肺炎球菌感染症予防接種実施医療機関一覧PDFファイル(459KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

問い合わせ先

担当 健康推進課健康推進係

電話 0173-35-2111

内線2372

内線2373

内線2374

内線2375

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る