ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 高齢者インフルエンザ定期予防接種

高齢者インフルエンザ定期予防接種

例年1月から3月に流行するインフルエンザは、風邪と違って怖い感染症です。
予防接種は、インフルエンザ感染時の重症化予防に効果があり、流行前の12月中旬までに行うことが適切です。
対象の方は実施期間内であれば、市の助成を受けて接種することができます。
また、予防接種を受けるだけでなく、栄養と睡眠を十分にとり、手洗いやうがいなどの感染予防も徹底しましょう。
 

実施期間
令和元年10月1日(火)から令和元年12月31日(火)まで

※医療機関によって、実施期間が異なりますので、必ず医療機関へお問い合わせください。

※病院の診療日に限ります。

対象者

(1)接種日において65歳以上の市民(個別通知は行わないため、直接医療機関へ予約してください)
(2)接種日において60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、人免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障害を有する市民(該当者に予診票を個別通知しています)

助成回数

1回

自己負担
1,000円(左記の他にかかる費用は市で負担します)
自己負担が免除になる場合について

生活保護世帯・市民税非課税世帯の方は、無料で接種できます。

「接種費用自己負担非徴収証明書」(水色のはがき)を個別に送付しています。

接種時に、指定医療機関に持参することで無料で接種ができます。

 

接種に必要なもの

・健康保険証、免許証など身分を証明できるもの

自己負担1,000円 または 接種費用自己負担非徴収証明書(水色のはがき)

※予診票は医療機関に設置してあります。

指定医療機関

平成31年度高齢者インフルエンザ定期予防接種指定医療機関一覧PDFファイル(133KB)PDFファイル(134KB)

市の指定する医療機関で接種してください。

指定医療機関以外で接種を希望する方(長期入院中・施設入所中など)は、健康推進課に相談ください。

 

なお、本事業の接種費用の一部は「原子力施設立地振興対策事業助成金」を活用しています。

問い合わせ先

担当 健康推進課健康推進係

電話 0173-35-2111

内線2372

内線2373

内線2374

内線2375

メールでのお問い合わせ

健康・福祉

ページの先頭へ

ホームへ戻る