ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

現在の位置:ホーム > 市の情報 > 入札・契約関係 > 低入札価格調査制度の実施について

低入札価格調査制度の実施について

当市では平成29年10月1日以降に、一般競争入札(条件付き一般競争入札を含む)の方法により発注する建設工事については、現行の最低制限価格の設定による入札に代わり、低入札価格調査制度により入札を実施します。

なお、指名競争入札の方法により発注する建設工事においては、現行のとおり最低制限価格を設定し入札を行います。

 

低入札価格調査制度の概要

設定された「調査基準価格」未満の入札があった場合に、「落札を保留」とし、「契約内容に適合した履行が可能であるか」及び「公正な取引の秩序を乱すおそれがないか」を調査した上で落札者を決定します。

 

五所川原市低入札価格調査制度実施要綱PDFファイル

低入札価格調査制度の概要(イメージ図)PDFファイル

事務処理フロー図PDFファイル

 

調査の内容

1 入札時提出された工事費内訳書の工事費目の価格が、「数値的判断基準」を満たしているかどうかを調査します。

2 上記1の基準を満たしていて最低の価格で入札した者から、工事実績や経営状況等を確認する書面の提出を求め、契約内容に適合した履行が可能であるかどうかを調査します。

 

対象工事

原則として、一般競争入札(条件付き一般競争入札を含む)の方法で行う建設工事に適用します。

 

その他

・調査対象者となった者は事後の調査に協力すること。

・契約保証金が契約金額の10分の3以上となること。(特約条項を付します。)

・違約金が契約金額の10分の3相当となること。(特約条項を付します。)

問い合わせ先

担当 管財課契約係

電話 0173-35-2111

内線2264

内線2265

メールでのお問い合わせ

ページの先頭へ

ホームへ戻る